\ フォローしてね /

自分でできる!斜め前髪が簡単にできるセルフカット方法

前髪は伸びるのが早いため、セルフカットをしている方も多いのではないでしょうか?でも自分で前髪を切ると、パッツン前髪になってしまったり、失敗してしまってアレンジでごまかした経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんな時には「斜め前髪」がおすすめです。横に前髪を流すスタイルなので、パッツン前髪よりも自然に仕上がります。また「おでこがせまい」「小顔に見せたい」など顔の悩みもカバーしてくれます。

ここでは簡単に斜め前髪を作る前髪の切り方を分かりやすい画像と合わせてご紹介します。

この記事を読んだ方は下記の女性向けセルフカットのハウツーの記事もご覧になっています!
女性のための上手なセルフカット方法まとめ

斜め前髪のおすすめポイント

大人っぽく見える

パッツン前髪は可愛らしい雰囲気になりますが、年齢や服装、その人の雰囲気によって似合わなかったり子どもっぽくなりすぎる点が気になります。

それに引き換え斜め前髪は、比較的大人っぽく見せることができます。カジュアルな服装にはもちろんのこと、ビジネススタイルにもマッチします。

コンプレックスを簡単カバー

「おでこが狭い」「頬が張っている」「小顔に見せたい」など顔の悩みは人それぞれ。斜め前髪はそれらの悩みを自然にカバーすることができます。

伸ばしかけの前髪もおしゃれにアレンジ

最近また人気になってきた、前髪などすべての髪を同じ長さに揃える「ワンレン(ワンレングス)」。でもワンレンスタイルを目指して伸ばしかけの前髪をそのまま下ろしていると、どうしても目に入ったりして気になりますよね。

そんな時は今回ご紹介する方法で斜め前髪風に毛先を切って横に流しましょう。伸ばしている最中もおしゃれに前髪をアレンジすることができます。

用意するもの

良く切れるハサミ

専用のハサミがあればそれを利用します。筆者が使用しているのは、100円ショップで布用として販売されていたものです。刃渡りが長く、重さもあるハサミなので髪の毛がすべらず、しっかり切ることができます。

その他髪を留めるもの

前髪以外をピンやゴムを使って、留めておきます。そうすれば、間違って違うところを切る危険もなく、前髪を切ることに集中することができます。

カットの手順

STEP1:流す方向と反対側に前髪を集める

まずは、髪を流す方向と反対側に前髪を集めます。

髪を濡らすとカットしやすくなりますが、濡れた髪は乾いた髪よりも長く見えます。切り過ぎないように注意しましょう。

STEP2:水平にカットする

出来上がった時に一番短くなる長さに合わせて、反対側に流したまま水平にカットします。

こうすることで、一番長くしたい端の髪は長く、短くしたい髪は短くカットできます。毛先が斜めになるので自然に横に流れます。

画像のように、中指と人差し指で髪をしっかりはさんでカットしましょう。

一度にカットしようとすると短くなりすぎる心配があるので、様子を見ながら少しずつカットするようにしましょう。そうすれば、だんだんコツがつかめてくると思います。

STEP3: 仕上げ

最後に、髪を流したい方向にブラッシングして完成です。

おわりに

伸ばしかけの前髪がうっとうしいけど美容院にはなかなか行けない…という方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度前髪を横に自然に流す、斜め前髪カットにチャレンジしてみてください。

筆者はいつも前髪だけはセルフカットしています。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。