生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 美味しいものは人生を豊かにさせる!食べ歩きの楽しみ方

美味しいものは人生を豊かにさせる!食べ歩きの楽しみ方

2013年02月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

人間の三大欲求といえば、睡眠と性欲そして食欲です。美味しいものを食べ欲を満たせば、身も心も大満足になるのは皆同じだと思います。

毎日おいしいものばかり食べていると飽きてしまいますが、たまには美味しいものを食べて、満足するのもいいのではないでしょうか。

こちらでは、筆者が実践している食べ歩きの楽しみ方をご紹介します。

実践するために必要なこと

1:事前のリサーチ

これは絶対に欠かせません。思いっきりお腹を空かせて楽しみにしていて、おいしくなかったら嫌になりますよね。

筆者のリサーチ方法としては、

  • 友達に聞く
  • インターネットサイトを参考にする
  • 別の用事でその店の前を通る時、車の量をチェックする

などを行います。

2:食べたい物リストを作る

日頃から食べたい物リストを作成しておき、そのリストの中から毎週家族で投票を行い、1位になったものを次の日曜日に食べに行くようにしています。

筆者宅では冷蔵庫に食べたい物リストの紙が貼ってあり、そこに各自記入します。その中から週末に選んでいく事にしています。

3:1人1,000円前後とする

基本的に高いものは選びません。

その理由としては、出費が重なり続かなくなってしまうからです。日頃はなるべく質素なもので節制し、週末に1,000円前後の外食を楽しむといったスタイルを貫いています。

実践した食べ歩き例とその感想

最近食べ歩いたものでよかったのは、茨城のひたちなかにある「ひたちなか漁港」の、とれたて海の幸を使った回転寿司です。

とれたてというだけあって、ネタも新鮮でずっしり大き目で食べごたえ十分!地元では決して味わえない寿司を堪能しました。

価格はちょっと予算オーバーで、大人3人でお腹いっぱい食べて7,000円でお釣りが来るくらいでした。

実践するためのアドバイス

アドバイスですが、必ず話のネタになるようなものを食べに行くように心がけています。筆者は自営業なので、なるべくお客さんと話が弾むであろう比較的有名な食べ物をターゲットにするようにしています。

おわりに

美味しいものを食べるという行為は何事にも代えがたいものがあると筆者はあると思います。しかも、食事という行為は、同じく食を共にした者同士、分かち合え納得しあえるという利点も併せ持ちます。

家族や友人と、気軽に価値観を分かち合える行為というのは、今のところ筆者には食事以外考えられません。

価値観を分かち合うと、人間同士の絆を深める事が出来ます。美味しいものを食べて、しかも絆も深める事が出来る食べ歩きをしない手はありませんよね。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130207145119 511340d74a14d

本記事は、2013年02月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る