生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 古さを逆利用!不快感を与えない古部屋のリフォーム方法

古さを逆利用!不快感を与えない古部屋のリフォーム方法

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

まず誤解してはいけないのが、「古い=悪い」ではないと言う事です。古い部屋が与える不快感の原因を突き止め、対策をしましょう。

こちらでは、古い部屋を素敵に魅せるためのインテリアコーディネートの方法をご紹介します。

素敵に魅せるためのコーディネート方法

変えられる物を変える

床・壁・電気の傘・コンセントカバー等は物件によっては変えられます。汚れや劣化が激しい場合は交換してしまいました。

床に絨毯やフローリング調のカーペットジョイント式のマットを敷いたり、キッチンのタイルにデザインシールを貼るなどのリフォームグッズを利用すればお部屋のイメージをどんどん変えられます。

手間はかかりますが壁紙やふすまも変える事が出来れば古さは感じなくなるでしょう。賃貸での古い物件はリフォーム可の所も多いです。

賃貸の場合は、壁紙など元に戻せない箇所はリフォーム可かどうか必ず確認しましょう。

家具・雑貨のテイストを統一する

水回り

蛇口や配管など古さがモロに出てしまう水回りは、無理に近代的なデザインの物を周りに置くと浮いてしまいます。古さを活かせる様なコーディネイトの一例を紹介します。

キッチンのお鍋はホーロー、食器はなるべく木製の物で材質を統一しました。スパイスや洗面所の小物は、ガラスや陶器の瓶に入れて並べるとお洒落です。配管は布で隠すか、近くに小さなブリキバケツを置くと可愛く見えます。

リビング

洋室ならナチュラル・カントリー調がとてもマッチします。家具の素材は木を基本とし、部屋全体の色調を白と木の木目で統一しました。雑貨を選ぶ際はカントリー雑貨屋さんを参考にしました。

水回りで選んだテイストとかけ離れない様に注意しましょう。

古い部屋はアンティーク調の家具・雑貨も良く似合います。お洒落で落ち着いたカフェやバーが参考になるかと思います。

著者は洋室でしたので上記の様にしましたが、和室なら黒電話や茶箪笥など昭和レトロのテイストを取り入れると雰囲気がよくまとまると思います。

古いお部屋にオススメのデザインはレトロ・カントリー・ウェスタン・ナチュラルです。

コーディネートで気をつけたいこと

  • 伝統
  • 渋い
  • 味がある

これらは古さが与える良いイメージです。いわゆる「レトロ」と言われるテイストです。

  • ボロい
  • しょぼい
  • 汚い

一方これらは古さによる悪いイメージです。いわゆる「チープ」と言われてしまう状態でしょう。

同じ「古い」でも、印象が変わってしまうのがお分かり頂けると思います。古い部屋を素敵に見せる為にはお掃除が行き届いているか、壊れた箇所をそのままにしていないかつまり「清潔感」を注意する事がとても重要です。

どんなコーディネイトでも清潔感は徹底して意識しましょう。

過ごしやすさ

自分の部屋がナチュラル・カントリー調だと外とはまるで違う世界を満喫出来ます。仕事でキリキリしても部屋に帰ればほっこりリラックス出来ました。

不便な点

見た目は変えられても建物の劣化は補えません。ドアや窓の立て付けが悪くなっている事もあります。大家さんや不動産屋さんに修理出来るかどうか確認し、出来なければ諦めるしかありません。

おわりに

古い部屋はどうしても清潔感を保つ為のメンテナンスが大変ですが、その分愛着も湧きますし物を大事にする様になります。

部屋は性格を表すと言われますので古くても素敵に生活して「え?ここ築◯年なの!?綺麗にしてるんだね~」とお客さんに言ってもらえるように楽しみましょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130207221334 5113a87ebbe5e
  • 20130210012219 511677bbc5b46
  • 20130210003443 51166c9386a89

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る