生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. リビング掃除の時短テクニック

リビング掃除の時短テクニック

2013年02月10日作成

 views

いつも綺麗にしておきたいリビングですが、忙しくて丁寧な掃除をする時間がない時もありますね。

そこでこちらでは、時短でリビングを綺麗にするテクニックをご紹介します。

目次

用意するもの

  • フロアワイパー
  • ハンディモップ
  • スプレー容器
  • アルカリウォッシュ

アルカリウォッシュとは

炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と重曹の複塩。両者の中間的な性質を持っています。

成分は皮脂や血液汚れに強いセスキ炭酸ソーダ100%。ワイシャツの襟袖汚れのプレケアやつけおき洗いに使えます。

ドラッグストアやネットで入手できます。

ネットでの購入はこちら Amazon-アルカリウォッシュ

リビング掃除の時短テクニック

ハンディモップでホコリ取り

掃除は上から下へと行うのが基本ですが、このようなハンディモップならホコリを吸着してくれるので、少しの時間で電気のホコリや棚のホコリだけ取りたい時に適しています。

気になったらすぐにささっと綺麗にしましょう。

フロアワイパーで床掃除

フロアワイパーにドライシートをつけると、簡単に床のホコリを取ることができます。

重い掃除機を出すより手軽に持てますし、簡単に綺麗になります。

スプレーを使って床掃除

スプレー容器に水200mlと、アルカリウォッシュ小さじ半分を入れてよく振り、アルカリウォッシュ水スプレーを作ります。

これを床に吹き付け、雑巾で拭き取ると床の皮脂汚れや食べ物汚れが綺麗になります。雑巾掛けをするのにバケツを用意する手間が省けます。

アルカリウォッシュスプレーは一週間で使い切りましょう。

普段から汚れないように気をつけるコツ

これらのことをする時間のない時でも、部屋の隅だけはホコリが溜まってないかチェックして、こまめに取り除きます。

掃除道具の置き場所

リビング傍の廊下に収納があるので、そこにフロアワイパーとハンディモップを入れています。

アルカリウォッシュスプレーはリビングの棚に置いておきます。

掃除の頻度、タイミング

ほこりは、気になった時にすぐ取ります。拭き掃除は毎日午前中に習慣づけています。

掃除時間がどれくらい短縮できているか?

掃除機をまとめてかけるのに比べたら、ホコリ取りは半分の時間でできます。

拭き掃除も、バケツを出したりバケツを洗ったりする数分が時短できます。

注意点

フローリングにツヤを出したい時には米のとぎ汁での掃除が向いています。

コメのとぎ汁をスプレー容器に入れる場合は、当日で使い切るようにしましょう。

おわりに

いかがでしょうか。丁寧に掃除する時間がなくても、隙間時間にササッと掃除をするだけでずいぶん綺麗になります。忙しくても、いつも綺麗なリビングで過ごしてくださいね。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130209104220 5115a97c08661
  • 20130209104510 5115aa2617e3e
  • 20130209140138 5115d83293765
  • 20130209104745 5115aac12459c

本記事は、2013年02月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る