生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 祖父母の節目の日を振り返る!記念日新聞

祖父母の節目の日を振り返る!記念日新聞

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

筆者と祖父母の関係

筆者は18歳まで祖父母と同居していました。特におじいちゃん子で小さい頃の写真はいつも祖父と一緒に写っていました。

祖父母は昨年88歳、米寿を迎えました。まだまだ元気でいろいろなところに旅行に行っている祖父、認知症が進んで特別養護老人ホームに入所している祖母。

祖母はもう祖父以外の人が分かりません。そしてせっかくの米寿のお祝いも参加できません。そんな中で祖父に喜んでもらえる米寿のプレゼントは何がいいか…。いろいろ迷ってプレゼントを決めました。

プレゼントはこれ!記念日新聞

祖父母も88歳。何か記念になるもの…。祖母は参加できないけど、祖父母、2人のためのプレゼント。思いついたのは「新聞」でした。

祖父母の生まれた日、20歳になった日、結婚した日、親になった日、おじいちゃんおばあちゃんになった日、還暦を迎えた日、古希を迎えた日、喜寿を迎えた日、ひいおじいちゃんひいおばあちゃんになった日・・・。

祖父母の節目となる「記念日」の新聞をまとめ、メッセージをつけて贈りました。

図書館に行き、新聞を調べてコピーしたり、足りない部分は注文しました。

祖父の反応は…!

祖父母の記念日新聞をまとめ、冊子にしたものをひ孫まで集まった米寿祝いの席で渡しました。

祖父は新聞を見て、「自分の生まれた日の新聞は初めて見た」ととても喜んでくれました。そして、集まったみんなの誕生日も祖父母の大切な「記念日」。父をはじめ、みんなも自分の生まれた日は?とまわし読みをしてくれ、当時の思い出話でとても盛り上がりました。贈ってよかったと心から思います。

おわりに

祖父母にプレゼントを選ぶというのはなかなか難しいと思います。欲しいものを聞いても答えてくれなかったり、必要なものは揃っていたりしますから。

迷った時には記念日新聞、とてもオススメです。記念日新聞を一緒に眺めながら祖父母の思い出話をじっくり聞いて、話に花を咲かせてください。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130208204922 5114e642e8e7b

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る