生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. チョコが苦手なお父さんと楽しむ!バレンタインデー

チョコが苦手なお父さんと楽しむ!バレンタインデー

2013年11月25日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者の父はチョコが苦手です。バレンタインデーにチョコを贈ろうと思っても、苦手なものを贈るわけにはいかない…と悩んでしまいますよね。そんなおうちの方も案外いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、チョコが苦手な方がいらっしゃる家庭でのバレンタインギフトの渡し方をご紹介します。

日頃の感謝を伝える日と考えて!

バレンタインデーは、元々女性が男性に気持ちを伝える日です。チョコは気持ちの伝達手段にすぎません。そう、チョコにこだわる必要はないんです。

お父さんの好みのアイテムを用意

好みはだいたい把握できているはずです。そこを狙いましょう。著者の父はチョコは苦手ですが、甘いものは大好きなので、市販のケーキを準備しました。高級品ではないスーパーのものです。気負う必要はないと思います。

高級品が好きなお父さんの場合はちょっと奮発しましょう!

家族全員で!

チョコでもそうですが、食卓で夕食のあとなど家族そろっていっしょに食べましょう。「今日バレンタインだからね!お父さんチョコ苦手だけどケーキならいいよね!いつもありがとう!」と言葉をかけ、みんなでおいしく楽しみましょう。

ラッピング

著者の父は、包装紙をあける行為を面倒くさがる人ですので、お皿に盛り付けて出しました。そうでなければ、やはりお店でラッピングされたものを渡しましょう。

ラッピングをするだけで、「お父さんのために用意しましたよ!」感が演出できます。みんな同じようにいただく分、お父さんのため!というアピールは重要です。

おわりに

いかがでしたか?バレンタインデーは、家族一緒に夕食をとれる環境をつくってくれたお父さんへ感謝の気持ちを伝える日になれば良いですね。

そんな時間のとれないおうちの方も、一緒に食卓とはいかずとも、お父さんの好きなものを用意して、ぜひ一言でも日頃の感謝を伝える機会にバレンタインデーを使えたらいいなと思います。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130207150027 511342fb96f16

本記事は、2013年11月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る