\ フォローしてね /

揚げない!「やさしい甘さの大学芋」のつくり方

大学芋の甘~い味が大好きな人も多いと思いますが、おかずにはちょっと辛いですよね。今回はお弁当のおかずにもなる「甘すぎない!」サツマイモ大学芋のレシピをご紹介します。ハチミツも水あめも使いません。調味料は「醤油・みりん・砂糖」だけ!ご飯と食べられる大学芋になりますよ。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • ここがオススメ!

    揚げないで、甘さも調節できる大学芋!揚げ油の処理に困ったり、甘さが好みと合わないこともない。

  • 調理のポイント

    タレを弱火で煮詰めるわずかな時間に、目を離すと焦げやすいので注意。

このライフレシピのもくじたたむ

材料(2人分)

  • サツマイモ:1本
  • 油:少々
  • ごま:少々
  • 醤油:大さじ1
  • みりん:大さじ1と1/2
  • 砂糖:大さじ1
みりんの代わりに、ハチミツ大さじ2を加えると甘みの強い大学芋になります。

作り方

STEP1: サツマイモを切ってレンジでチン

サツマイモの皮はそのまま使いますので、土付きの場合はナイロンたわしなどで綺麗に洗ってください。

サツマイモを乱切りにして、耐熱容器に入れ、ラップをかけずに電子レンジ600Wで約1分程加熱します。

このあと炒めるので完全に柔らかくなるまで加熱する必要はありませんが、かたい芯は残らない程度まで加熱しておくと後がラクです。

STEP2: 炒める

鍋に油をあたため、中火でサツマイモを炒めます。火が通ったら取り出してください。

サツマイモを取り出す目安は、サツマイモの色が濃くなり、表面にやや焼き目が付いた程度でOKです。

STEP3: 味付け

鍋に醤油、みりん、砂糖を加え、焦げ付かないように、鍋をゆすりながら調味料にとろみが出てくるまで、弱火で煮詰めます。

鍋をゆすらず、目を離してしまうと焦げやすいので気をつけてください。

とろみが出たら、STEP2で取り出したサツマイモを加え、調味料をよくからめます。

STEP4: 盛りつけて完成

器に盛って、ごまを散らして完成です!

作るポイント

冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもピッタリです。適度に甘みもありますので、お子様のおやつにもおすすめです。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。