生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 期限を決める!結婚に踏み切れない彼氏の気持ちを動かす方法

期限を決める!結婚に踏み切れない彼氏の気持ちを動かす方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

近年、晩婚化が進み男女問わず「結婚」への意識も変わってきていますが、やはり女性にとっては、将来結婚することを夢見てしまいますよね。

彼氏がいるならなおのこと、結婚願望は膨らみます。そんな結婚へなかなか踏み込めないでいる彼氏の気持ちを動かす方法をお伝えしていきます。

彼が結婚したがらない理由

お付き合いも長く結婚する気持ちはありそあなのになぜ、何もアクションを起こしてこないのだろうと疑問に思うことがありますよね。それには、いくつかの理由が潜んでいるかもしれません。

仕事の不安定化

リーマンショック以降、今までの景気悪化に追い打ちのように就職に対しての不安が増し、ネームバリューがある企業に就職したとしても将来が不安な時代に入りました。

そのことで、自分の将来が不安なのにも関わらず、結婚した相手の人生を請け負うほどの心の余裕が持てないと考える男性は少なくありません。

女性が結婚相手に経済力を求めるのと同様、男性も経済力に自信を持てるまで、なかなか結婚には踏み込めないのではないでしょうか。

周りの晩婚化

現代、女性も男性と同様に働くことができ、独りで生きていける時代になりました。女性の中でも独りで生きていけると結婚を希望しない女性がいるのも事実で、日々晩婚化が進んでいます。

そんな世の中になったからこそ、男性としても結婚をしなければならないという意識が薄くなってしまいます。

女性が思っているほど、男性が結婚をしなければならないという意識が以前より失われている可能性は充分にあると言えます。

自由の喪失感

男性は自分の懐の自由の喪失感に危機感を感じると言います。

不景気だからこそ当たり前の節制生活。家族の生活を守るため妻となる女性がお財布を握るのは大切なこと。

しかし、今まで自由きままに使えていたものを管理されると思うと息苦しさを感じてしまうも分かるような気がします。

結婚をどのように促すのか

期限を決める

将来のことは誰だってわからないものです。不安になっても先へ進めません。まずは少しでも不安を取り除くことをお勧めします。その為には、ここまて出来ればとりあえず大丈夫だという期限を自分たちで決めます。

たとえば、仕事に慣れた3年目、役職がついた時、資格を取れた時、お金がいくらまで貯まった時、など自分たちで期限を決めることで、その期限にたどり着くことで自信を持ち、不安を少し取り除くことが出来、結婚へ踏み込むきっかけになります。

結婚の意識確認

今すぐというと確かにたじろいでしまうかもしれませんが、長年付き合い結婚の意思があるかを確認しないことは危険です。

お互い結婚する気持ちでいても認識の違いにより自分が思っているよりも相手は遥かに遠い将来のことを考えているかもしれません。

もし、お互いの認識が違うのであれば、お互いの折り合う時を選ぶのか、どうするのかを明確に考えることができます。

結婚を希望するのであれば、恐れずお互いの気持ちを確かめることで前進するきっかけになるのではないでしょうか。

相手の希望を聞く

自由と言ってもどこまでなのかを把握することはとても大切です。明らかに結婚しては無理な希望であれば、相手が納得いく期限をここでも設けるのもよいでしょう。

しかし、男性も無理難題を言いたいわけでなく、あくまで想像で自由がなくなるのではと考えていることが多いのではないでしょうか。

きちんと話し合い、可能な範囲で受け入れることで自然と結婚に対してのイメージが変わり、結婚への第一歩へ繋がることでしょう。

注意点

結婚したいという気持ちを押し付けるのではなく、冷静になりお互いの気持ちを確かめるという意識で、心に余裕を持って話をするようにしましょう。また、相手の心境にも余裕があるときに話をするようにしましょう。

おわりに

結婚は焦るものではなくお互いが納得したうえでするものです。

お互いの気持ちを確認せずに物事を進めようとせず、一つ一つ焦らず話合いをして進めていくことをお勧めします。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130207000428 511270fc3cd52

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る