生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 意中の男性を振り向かせる!女性からの適度なアタック方法

意中の男性を振り向かせる!女性からの適度なアタック方法

2016年06月01日更新

 views

お気に入り

片思いの男性がいる。でも、彼は自分の事をどう思ってるのか分からない。どうアプローチしたら良いのかわからない…。そんなあなたに、男性の視点から、男心を解説しながら、効果的にアプローチする方法をご紹介します。

男性はどんな風にアプローチされると嬉しいのか?

「女性からのアプローチ」は、実は大きなアドバンテージ

まず皆さんにお伝えしておきたいこと、それは、男性の多くは女性からのアプローチに大変弱いということです。

もちろん、男性側が絶賛片思い中で、その女性しか見えない状態にあるとか、男性がとてつもないモテ男だとか、すごい面食いで綾瀬はるか以外とは付き合わないと頑なに決めているなど(あくまで例えば、です)、例外はあるかもしれませんが、かなりレアなケースです。

女性から好意を持たれると、男性は悪い気はしません。ですから、まずは自信を持ってください。

男性の本音と建前

控え目過ぎると気が付かないが、積極的過ぎても引く

男性は、相手が自分の事をどう思っているかということに関して、極めて鈍感です。周りから見ていると、女性が男性に熱い視線を送っているのが分かるのに、本人は全く気付かないといったこともザラです。

では、積極的に女性からアプローチすれば良いのかと言えば、そうとも限りません。男性はどこかで「自分が主導権を握りたい」と思っていますので、あまり積極的過ぎる女性に対しては、引いてしまう恐れがあります。この辺のさじ加減を上手く使い分けることが、女性からのアプローチを考える上では大変重要になります。

具体的なアプローチ方法

偶然を装って、「会う」回数を増やす

女性も同じかもしれませんが、男性は「微妙な関係」の異性に対して恋愛感情を持ちやすいものです。具体的に言えば、とても仲の良い女友達に対しては恋愛感情が生まれにくいのですが、たまに会って話をする「女性の知り合い」には、キュンキュンしてしまうものです。

あなたがもし、相手の男性とそれほど親しい関係でなければ、まずは会う回数を増やすことから始めてください。ポイントは「あなたに会いに来た」感を(今はまだ)出さないこと。偶然を装って、「何か最近良く会うな」と相手に思わせてください。

それとなくホメる。尊敬してますアピールをする

男性は、女性から「ホメられたい、スゴイと思われたい」と思っています。これはほぼ100%間違いありません。しかも、そう思ってくれる相手を決して悪く思うことはありません。そして、男性は大体「この子、ちょっと俺に気があるんじゃないか?」と思ってしまうものです。

ホメるポイントは何でも構いませんが、できれば相手が自信を持っていそうなことや、好きなことがベストです。相手は、自分が好きなことに女の子も興味を持ってくれ、しかもホメてくれたと思います。こうなると、あなたのことを「話が合って、自分に好意を持ってくれている女性」として見るようになるのです。

「告白してほしいサイン」を上手に出す

アプローチも最終段階です。ここでのポイントは、「直接的なアピールは避ける」ということ。何となく良い感じになってきて、でも相手がなかなか告白してこない…という状況になった場合、女性側から積極的にアプローチしたくなるでしょう。しかし、ここは一つグッとこらえてください。

何だかんだ言いながら「自分が主導権を握りたい」というのが男の本音。告白も自分からしなければ…と思っていることが多いのです。が、その割に「失敗したらどうしよう」とも思っています。つまり、「告白してくれれば、OKですよ」というサインを上手に出してあげれば良いのです。

例えば、「自分だったら、好きな人からこんな風に告白されたい」というシチュエーションを話してみたり、二人きりでいる時に、手を握ってみたり。ただし、間違っても「私たち付き合ってるの?」といった言い方は止めましょう。その一言で全てぶち壊しになる可能性すらあります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。片思いに悩む女性の皆さん、とにかく自信を持ってください!大切なことなのでもう一度言いますが、男性たちは女性からのアプローチには本当に弱いのです。

控え目すぎず、積極的過ぎないアプローチ方法で、ぜひステキな彼と幸せになってくださいね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130121210205 50fd2e3dbb3b9

本記事は、2016年06月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る