生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. これだけあれば大丈夫!一人暮らしに必要なバストイレ用品の見極め方

これだけあれば大丈夫!一人暮らしに必要なバストイレ用品の見極め方

2013年02月07日作成

 views

初めての一人暮らしで必要な物を揃えるのは、何かと大変ですよね。一人暮らしをする上で、バストイレ用品では何が必要なのでしょうか。

ここでは、著者の8年間の一人暮らし経験を元にした、一人暮らしにおけるバス・トイレの必需品リストをご紹介します。

目次

トイレ用品

必要なもの

  • トイレットペーパー

新しく入る部屋には、トイレットペーパーが置いていないことが多いので、引っ越し荷物の中に数個入れておくと良いと思います。引っ越し最中にトイレに行こうとして困った!なんという失敗をしなくてすみます。

  • 掃除用ブラシ

トイレの掃除をするときには必需品です。使用頻度は週1回程度なので、100円均一のもので十分対応できると思います。

  • 便座カバー

著者は実家が保温便座で暖かかったのですが、一人暮らし先の便座は保温では無かったので、冷たさに耐えられないと思い購入しました。引っ越した当初、4月でも肌寒い日が続いたので用意しておいて正解だと思いました。

便座カバーは、100円均一でも購入できますが、ホームセンターなどでも1枚100円からと、安く手に入ります。

洗濯した時用に2,3枚用意しておいてもよいでしょう。

不要なもの

  • トイレ用の洗剤

始めに入った部屋は、トイレとお風呂が一緒になっているユニットバスタイプだったので、お風呂の洗剤で十分代用できました。トイレ用の洗剤は使わなかったので、置き場所に困りました。

  • トイレのマットとスリッパ

実家にあるという先入観で購入しましたが、マットやスリッパは掃除の時に邪魔になりました。トイレに入る際、スリッパを着用する習慣がなければ特に必要はないと思います。

バス用品

必要なもの

  • シャワーカーテン

お風呂とトイレが一緒になっているユニットバスタイプのお風呂には必需品です。ホームセンターなどで1000円ぐらいで購入できます。

  • バスマット

お風呂から上がるときに、バスマットがないと床が水浸しになります。吸水性の良い物で、何度も洗える丈夫な物を選ぶと良いと思います。

100円均一にもありますし、ホームセンターなどで500円程で購入できます。バスタオルを折りたたんで、ミシンで縫って作ることもできます。

不要なもの

  • お風呂用の桶

親が持たせてくれたのですが、著者はシャワーが中心だったので、全く必要ありませんでした。シャワー中心のユニットバスには必要ないと思います。

準備する際に注意すること

バスとトイレは別か、収納や設備などはどのような物が付いているか、細かく調べて、シミュレーションしてから必要な物を用意した方が良いと思います。シミュレーションすることで、実家にあるからと当たり前のように購入していったら必要なかった!という失敗を防ぐことができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。予め「引っ越し先の設備をよく調べ、住んでいる自分をシミュレーションすること」が大切だと思います。

快適な一人暮らし生活ができると良いですね。著者の経験が少しでもお役に立てたら幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130206223144 51125b40c18ee

本記事は、2013年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る