生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. オセロが強くなる2つのコツ

オセロが強くなる2つのコツ

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

オセロの勝ち方の攻略方法

オセロは日本生まれのゲームであり、日本人のほぼ100%が知ってるゲームといっても過言ではないでしょう。

しかし多くの人が「オセロは運で勝負が決まっちゃう。」と思っていませんか?ぼくは思っていました。

普及率でいえば、将棋、囲碁、チェスよりも圧倒的に多いはずなのに、強い人が回りにいない。

つまり日本人の99%は初心者なんです!

ちょっとしたコツによってあなたも限られた1%の人間に!よって今回は、この初心者を対象に2つのコツをご紹介します。

中盤戦のコツ

「多く取りすぎないようにする」というのは結構知ってたり聞いたりしたことがある人も多いと思います。

結論からいいますと、序盤中盤での有利不利は、石の数が多いとか少ないとかではなく、打てる場所の多いほうが有利なんです。

よって中盤戦のコツは

自分が打てる場所を増やす

とはいっても簡単にはイメージしづらいと思いますので図で表してみます。

上の図において、黒が打てる場所は4ヵ所あります。

上の図の場合、白が打てる場所は13ヵ所あります。よって白のほうが有利と言える場面になります。

なぜ「多く取りすぎないようにする」といわれているのかは、図からイメージされるように、自分の色の石が少ないほうが打てる場所が多くなる可能性が高いという理由からなんです。

というわけで、中盤では次に自分が打てる場所が増えるように、少なくひっくり返すようにしましょう。

終盤のコツ

「角を取る」というのは初心者であってもだいたいの人が知ってるポイントかと思います。

自分は取りたいけれども、相手には取らせたくない。。よってオセロ盤上の4隅は終盤戦まで残ることが多いです。

そこで終盤戦をうまく打つコツは

奇数空きの場所から打つ

上の図を見てください。

白の番だとすると、右上に3ヵ所、左下に2ヵ所打てる場所があります。こういう場面では奇数空きである右上に打ちましょう。

初心者向けなので詳細な説明は避けますが、これだけ覚えておいてもらうだけで勝てる確率はアップすると思います。

特に初心者vs初心者の場合、勝負がつくのは終盤だと思われますので、最初に紹介した中盤のコツよりも、この終盤のコツだけで勝率は変わってくると思います。オススメです。

おわりに

筆者は何者だという質問があるか分かりませんが、過去に全国大会出場と、2段を持っていました。

もう現役ではないので過去の記憶を思い出して書いてみました。2段以上は日本に数百人以上いると思われますので、おかしなところがあればつっこみお願いします。

(なぜ打てる場所が多いほうがいいのかや、奇数空きに打つほうがいいかは、あえて説明していません。)

ちなみに2009年度の世界チャンピオンは日本の高校生みたいですね。女子チャンピオンも日本の方みたいです。

インターネット上の最高峰のレベルで打ちたいのでしたらヤフーゲームの交流1に行ってみることをオススメします。(あ、ネット上でオセロやってる人達は最初に言った1%の人たちばかりなので今回紹介したコツは全員知ってるものと思ってくださいね(笑))

理論好きの方は、「開放度理論」「偶数理論」で調べると今回のコツについてもっと詳細に知ることができます。

関連記事

この記事で使われている画像一覧

  • 20091124125921
  • 20091124121742
  • 20091124121827
  • 20091124122156

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る