生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ケガを防ぐ!初心者向けランニングシューズの選び方

ケガを防ぐ!初心者向けランニングシューズの選び方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

道具を使わないでできるランニングはとても気軽なスポーツです。ただし、ケガなく快適に続けるために、シューズだけはきちんと選びたいところです。

筆者の体験をふまえた、シューズの選び方を紹介します。

筆者のランニング概要

週3回、距離はその日の体調によって変わりますが4キロ前後を30分ほどかけて走っています。

冬場の服装は上下ウィンドブレーカーに手袋、帽子、ネックウォーマーの完全防寒です。それ以外の季節は上下ジャージ、暑い時期は半袖シャツです。

実際に購入したシューズ

初めてのランニングシューズ

もともと運動経験がなく、続ける自信もあまりないところからのスタートだったので、シューズも「安ければいい」というこだわりのなさでした。

2番目のランニングシューズ

少し走れる実感が出てきて楽しくなってきた頃、かっこいいシューズが欲しくなってきました。今度は見た目も好みで、しかも試し履きしてみたらぴったりだったので愛着があります。

選び方のポイント

まずはスポーツ専門店のランニングシューズコーナーへ行きましょう。種類も豊富で、知識のある店員さんにアドバイスをもらうこともできます。

種類を確認

ランニングシューズのコーナーに行って、ずらりと並ぶシューズを見ると、どこから選んだらいいのか戸惑うところですが、お店ではたいてい「ウォーキング~ランニング初心者用」「中級者用」「トレーニング用」「レース用」などのコーナーに分かれてディスプレイしています。

試し履きのポイント

  • 紐をゆるめて足を入れたら、かかとを床に「とんとん」とあてて、靴とかかとをぴったり合わせましょう。
  • 紐は足の甲を固定するようにしっかり結びます。
  • つま先に1cmほど余裕があるくらいがよいです。
  • 靴の中の足指の様子、足幅が合っているかもチェックしましょう。
  • 両足履いて、店内を歩いてみましょう。

価格

10,000円ちょっとの予算なら、デザインも機能も満足なものが購入できるはずです。もし、デザインにそれほどこだわりがないのであれば、前シーズンのモデルなどで安くなったアウトレット商品をチェックするのもおすすめです。サイズには限りがありますが、掘り出し物に出会えるかもしれません。

実際に走ってみて

自分の筋力に合わせて

最初に買ったシューズから2番目のシューズに変えて走ってみた時に、最初に感じたのは「とにかく軽い(すごく走れそう)」ということでした。とても快適でした。

しかし、まだ相応の筋力がついていなかった著者の足には負担がかかってしまったようで、しばらく続けて履いているうちに、膝に軽い痛みを感じるようになってきました。

それからは現在も、最初のシューズに戻して走っています。もう少し続けて走れるようになったら、また2番目のシューズに挑戦する予定です。

アドバイス

最初のシューズは、ウォーキング~ランニング初心者向けのものでした。2番目に買ったものはとの大きな違いは以下のとおりです。

  • 底が厚くクッション性がある
  • 足の甲をしっかり固定するデザイン

筋力のない初心者の足をカバーしてくれる作りです。2番目に買ったシューズは軽くて快適でしたが、初心者はまず軽さよりクッション性を重視しましょう。

運動経験がない方、また腰や膝に不安がある方は特に、初心者向けのシューズから始めることをおすすめします。

おわりに

自分にぴったりと合ったシューズを見つけて、ランニングを楽しみましょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130206174849 511218f1ba460
  • 20130206172632 511213b85036d
  • 20130206172649 511213c98934c
  • 20130206172749 5112140500b40

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る