\ フォローしてね /

クリスマスイルミネーションを購入する際のポイント

クリスマスイルミネーションにブルーライトが多く登場するようになっています。これは高輝度の青色発光ダイオードを利用した電球を使用しています。いわゆるLEDライトです。

イルミネーションに青色と白色を組み合わせたものが多いのは、このLEDライトを利用しているからです。街のイルミネーションで楽しむだけではなく、自宅でも装飾して楽しめるようになってきました。

購入する際に気をつけたいポイントを紹介します。

ポイント1 防水か防滴か

LEDライトすなわち発光ダイオードは、従来の電球よりも低消費電力です。エコです。さらに、電球そのものの発熱が少ないのが特徴です。

並木の枝に取り付けても、木に優しい存在になります。

 防水

「防水」とは、内部の構造に決して水が入り込んだりしないような仕様になっていることを言います。

LEDライト部分は、たいてい防水になっています。そのため屋外で利用されることが多いようです。自宅の玄関先やベランダなどでも装飾に利用されています。

防滴

「防滴」とは、表面部分が水を弾く仕様になっていることを言います。表面は水を弾くものの、水の浸入を防ぐことはできません。

コントローラー部分が防水であれば屋外での利用は可能なのですが、もしもコントローラー部分が防滴であれば、屋外使用には向いていません。

ポイント2 電源工事不要タイプも

乾電池式もあります。乾電池式のタイプを利用すれば、電源コンセントがなくても点灯が可能なので、ちょっとした装飾も可能になるので人気があります。

乾電池式のLEDライトならではの魅力です。長い時間の点灯を可能にしているので、常設イルミーションにしているレストランも多いです。

ポイント3 通販

「LED(ブルー)イルミネーション基本セット」が販売されています。 通販を利用すると人混みを避けることができますし、運搬上の事故も防げます。

ただし、多くは「防滴試験合格品」です。あくまでも「防滴」であり、「防水」ではありません。庭木や玄関にカンタンに取り付けられますが、雨天には注意しましょう。

おわりに

クリスマスイルミネーションは、何セットも繋げられるものが多いので、総延長距離が長くできやすいです。明滅パターンも複数できるのは、コントローラー操作のおかげです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。