生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 釣りの場合に!船酔い防止方法

釣りの場合に!船酔い防止方法

2013年02月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

船旅や船釣りでも、酔ってしまっては折角の楽しみも台無しになってしまいます。

こちらでは、釣りで船をよく利用する著者の船酔い防止方法をご紹介します。

船酔いしないようにする方法

酔い止め薬の服用

一番確実な方法です。「実際の薬の効果」と「薬を飲んだから大丈夫という安心感」で船酔いする確率はぐんと減ります。

薬や体調により異なりますが乗船1時間くらい前に服用し、12時間の船釣りでもほとんどの方が問題ありません。

近くを見ない

釣りの時にはエサを付けたり、魚を外したりと近くを見る事も多いのですが、時間が掛かりすぎると気分が悪くなる事があります。できるだけ素早くするか、助けてくれる方がおられる場合は頼みましょう。

船内では新聞や本を読む事をできるだけ避け、景色を眺めるのがおススメです。

近くを見なければほとんど酔う事はありません。すぐに酔う方でもこれだけで3時間程の釣りなら楽しめました。

風にあたる

冷たい風に当たったり、新鮮な空気を吸うと気分がよくなります。少しでも気分が悪いかなと感じた場合は、デッキに出るようにしましょう。

時間の効果は10分程度と思いますので、繰り返し行うと良いでしょう。

体調を整えておく

これは大切です。船酔いの第一の原因は寝不足だと感じています。船に乗る前は暴飲暴食を避け、しっかりと睡眠をとる事です。

体調が整っていれば、薬を服用しなくても酔わない事が多いです。

精神的な問題

船酔いは精神的な部分もあると感じますので、子供などには実際には何の効力もないゴムの輪などを手首にさせて、「これを付けていると酔わない」という事もあります。

子供だましですが、結構、有効のように感じます。1時間から3時間程は大丈夫でした。あまり長い時間は期待できませんが何度か酔わずに済んだ事もありました。

おわりに

楽しい船旅、船釣りをするためにも体調を整えて、気分よく楽しい事を考えていれば船酔いも減ると思います。楽しくする、もしくは、楽しく思う事が一番でしょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130206112633 5111bf598c9a2

本記事は、2013年02月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る