生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. とにかく床に置かない!一人暮らしのユニットバスでの必需品リスト

とにかく床に置かない!一人暮らしのユニットバスでの必需品リスト

2013年02月06日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

一人暮らしだと間取りは1Rや1Kで、お風呂とトイレが一緒のユニットバスという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんなユニットバスを清潔快適に過ごすための必需品をご紹介いたします!

トイレ用品

1:トイレ掃除用ブラシ

100円ショップで売っているもので十分です。こまめにブラシで清掃していればトイレ用洗剤は必要ありません。汚れが気になったらブラシを洗うより、買い替えてしまったほうが衛生的にも良いでしょう。

2:トイレットペーパー

言うまでもなく必需品ですね。引っ越し当日に意外と忘れがちなアイテムなので、必ず初日から用意しておきましょう。

3:タオル掛け

手ふき用のタオル掛けです。手を洗っても、濡れた手のままドアを開けてしまうようなことがないようにタオルは用意しておきましょう。100円ショップで売っています。

バス用品

1:シャワーラック

これは本当にオススメ!シャワーフックに引っ掛けるタイプのラックです。「カビ」や「スペースがない」といったユニットバスの問題を全て解決してくれます。フックに引っ掛るので水切れが良く衛生的で、収納力も抜群です。

実際に著者は3段のラックを使用していますが、最上段に背の高いシャンプーとコンディショナー、ボディーソープを置き、中段に洗顔用のチューブなどの横に置いても大丈夫なもの、下段に石けんなどの小物を置いています。さらにサイドにはフックが付いていて、そこには体を洗う用のボディータオルを掛けています。

ホームセンターや通販で2〜3,000円程度で買えます。

2:ゴミ取り用フィルター

ユニットバスだと、浴槽内にてシャワーだけで済ます人も多いと思います。洗髪の際に流れ出た髪の毛をそのまま流してしまうと排水溝が詰まってしまうので、フィルターをお風呂の栓のところに置きましょう。100円ショップで売っているもので十分です。

3:風呂桶

取っ手が付いていて柄の先端に穴が空いているものの方が、ラックやちょっとした場所に引っ掛けられるのでスペース的にも衛生的にも良いです。湯船を溜めた後の残り湯を掃除に使う時などにとても便利です。100円ショップで売っています。

4:バスマット

バスマットを敷かないと床がビショビショになってしまいます。バスタオルなどで代用しても、水はけも悪く結果的に毎回洗濯するはめになるのでバスマットは必ずあった方が良いです。洗い替え用と2枚ほど用意しておけば良いでしょう。消耗品なので500円程度のもので良いと思います。

5:歯ブラシ掛け

吸盤が付いていて張り付けられるタイプのものが良いです。著者は鏡に張り付けて使用しています。一人暮らしなら一本掛けのもので十分です。

必要ないもの

床置きタイプのもの全般

床置きタイプのシャンプーラックや歯ブラシ立てはすぐにカビてしまい掃除が面倒です。とにかく床にものを置かないということを心がけましょう。

バス・トイレ用品を準備するときに注意すること

初めての一人暮らしだし、せっかくだからオシャレで可愛いものを揃えたい!という気持ちもわかります。しかし忘れないで頂きたいポイントは、バス・トイレという水場はカビの温床だということです。

どんなに可愛いグッズを揃えても、カビだらけになってしまったら元も子もありません。とにかく床に触れる面積が少ないものを選ぶようにすると手間もかからず清潔快適な空間を作れますよ!

おわりに

初めての一人暮らし、小物だって色やデザインにこだわりたい!

この記事を読んで、ぜひそこに実用性も加味していただければ幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130205223719 51110b0fed42f

本記事は、2013年02月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る