生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 家事嫌いでも楽しく!時短家事で家事する方法

家事嫌いでも楽しく!時短家事で家事する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は、特に家事が得意ではなく、好きでもない為、短い時間でなるべく家事を終わらせたいという思いから時短家事をするようになりました。これから、その経験を基に述べていきます。

時短家事のポイント

ながら行動

とにかく一つ一つの家事を順番に行うのではなく、同じ時間にいくつもの家事をやります。

たとえば、昨晩使用したお風呂のお湯を抜く代わりに残り湯を利用して、洗濯をします。洗濯機のスイッチを押した後、洗濯時間を利用して、お米を炊いたり、料理をします。

その後、洗濯が終わり干した後、お風呂掃除をし、お風呂を沸かしている時間を利用し、部屋を掃除します。お風呂が沸いて、掃除が終わったころにはお米も炊きあがっているので、すべての家事がほぼ終了です。

ながら行動していることで一気に家事が済むので、動いている時間が少なく済むような気がして、集中力が増す気がします。

家事の流れをつくる

家事とは毎日行うことです。簡潔にできる方法が新たに見つかった場合を除いて、ある程度家事の流れを決めておくことで考えるより行動が先に出るので、スムーズに家事が済みます。

手抜きできる部分は手抜きする

手抜きといっても、毎日カレーでいいとか、洗濯せずに何日も同じ物を着るといったような手抜きではなく、最近はキッチン用品でも様々なアイテムが売られていますので、それらを活用して手抜きをします。

たとえば、今までポテトサラダを作る際にじゃがいもやにんじんを鍋を使って湯がいていましたが、スチーム容器に具材を入れてレンジで温めるだけで同じポテトサラダが作れます。

そうすることで、鍋を見ておく必要が減ったり、ポテトサラダを作っている間にもう一品料理を作ることができます。

便利グッズなどを活用し、手抜きできる部分を増やしていくことで時短につながっていきます。

時短家事を継続するコツ

とにかく無理をしない。時短だからと無理に短い時間ですべての家事を終わらそうとするのではなく、限られた時間で何ができるかを把握し、無理しない程度で終わらす。

また、慣れた作業が増えることで無理することなく短い時間で家事ができるようになるので、日々少しずつ家事に慣れていき、限られた時間内で家事をするようにしていきます。

そうすることで無理なく時短家事を続けることができます。

時短家事のモチベーションをあげるコツ

褒める。自分でも声に出して自分を褒めてみたり、旦那さんに褒めてもらうようにしています。

仕事で疲れている旦那さんに気づいてもらい自発的に褒めてもらうというのはなかなか難しいものです。

こちらから「今日、いつもより〇〇を気にしながら掃除したんだけど、きれいになったかな?」と聞いて褒めてもらうようにしています。

元々家事は得意なものではなかったので、褒めて伸ばすというやり方を実践してみました。

時短家事でできた余裕の使い方

自分の好きなテレビ番組を見たり、趣味の時間に使ったり、心も体も癒す時間へと有効活用しています。また、今後のための自分磨きということで勉強する時間も持てるようになりました。

おわりに

時短家事をすることで、早く終わらせないと、と自分の気持ちの負担になるような時短家事ではなく、自分の自由な時間を作るための楽しい時間に変えていってください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130205154637 5110aacdc2375

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る