生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 小さい犬の首輪を選ぶときのポイント

小さい犬の首輪を選ぶときのポイント

2013年02月06日更新

 views

お気に入り

はじめに

犬は首輪をするものだというイメージがありますが、犬の気分になると本当は何も付けたくないのが本音だと筆者は思います。

とはいっても、散歩の時にリードをつけなくてはなりませんし、迷子になった時に電話番号札などを付けておくなど、首輪をしていると何かと便利な事が多いです。

そんな愛犬の首輪を選ぶ際のポイントをご説明したいと思います。

首輪を買おうと思ったきっかけ

散歩の時にリードを取り付けるのに必要なのと、筆者の愛犬は電話番号のついたネームプレートを付けるために首輪が必要だと思い購入しました。

脱走したことや迷子になったことはありませんが、そんな時に備えるべきだと判断しました。

ドッグ用品を選ぶ際に参考にしたもの

参考にしたのは特にありませんが、家から一番近くにあるペットショップと、少し遠くにあるペットショップ2件をはしごして、最も似合うと思うものを購入しました。

その際、ペットショップにて、モデルのワンちゃんのポスターが飾ってあったのですが、そのモデルのワンちゃんの首輪も参考にしました。

購入の決め手となったポイント

筆者は首輪を購入する際に、以下の3つのポイントに注意して選びました。

  • 犬の首にしっかりとフィットすること
  • リードを引いても首輪がくたびれない素材
  • 愛犬に似合うデザインのもの

筆者の愛犬はトイプードルの中でも特に小さい方なので、首に合うサイズのものを選ぶという事が大前提でした。

なので、実際に首のサイズを図ったうえで首輪選びにいったのですが、犬用の首輪はことごとくアウトです。しょうがないので、猫用のしっかりとしたものを選びました。

本当は色々なデザインである犬用のものを選びたかったのですが、首のサイズに合っているものを選ばないと意味がないので、今回はデザインよりも機能性を重視して選ぶことにしました。

購入してよかったこと・飼い犬の反応

体が小さいので、あまり頑丈で重い首輪は疲れてしまいます。猫用の首輪にしたことにより、軽く細いので、その点では疲れないで違和感なく首輪をしてくれています。

又、気にしていた耐久性も、使用を始めてから約半年経ちますが、今のところ全く壊れやほつれなどなく使用できています。

散歩についてですが、頻度は毎日で、公園内のウォーキングコースを約3キロをやや早歩きで行っています。正確はおとなしめなので、あまり引っ張るようなことはありません。

購入金額

900円

おわりに

本当は大きなペットショップにいけば、サイズに合うものを購入できると思いますが、地方のペットショップではそれほど沢山の種類を置いていないので、選ぶ種類が限定されてしまいます。

今回は買わないわけにいかないので、試す意味で猫用の首輪を購入してみたのですが、結果、半年経つ今の時点では買って正解だったと思います。

金額も含めて満足いく買い物でした。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130206134006 5111dea694f30

本記事は、2013年02月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る