生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 水墨画での申(さる)の描き方

水墨画での申(さる)の描き方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

こちらでは、水墨画での申の描き方をご説明します。

用意するもの

  • 水や墨を入れるもの

申の描き方

STEP1:輪郭を描く

最初に顔の輪郭を描きます。ハートの下の部分を丸くしたような形です。

STEP2:顔を描く

その中に鼻や目といった顔を描きます。

STEP3:体の線を描く

顔の頭から体の線を曲線で描いていきます。ひょうたんを描くような感じに描きましょう。お腹の部分も描きます。

STEP4:手足と尻尾を描く

尻尾と手を描いていきます。手は尻尾と似たような描き方でいいです。

STEP5:腕の分け目と足を描く

次に手と腕の分け目と足を描きます。今回は丸みのある感じにしたかったので足は小さく描いてみました。

STEP6:全体を薄く塗る

最後に十分に絵が乾いてから顔と手足以外を墨を薄くして塗れば完成です。

描くときのポイント

筆ペンの場合

筆ペンしかない場合はティッシュに色をうつして水をしみこませて使えば薄い感じの描き方もできます。

良く乾かす

水墨画は描いた後に乾くまで時間がかかることがあります。他の場所に墨がつかないように気をつけましょう。

水分に気をつける

水分が多すぎると乾くまでに時間がかかったり、にじんでしまったり、動かしたときに垂れてしまったりします。

水分が多すぎないようになるべく水気をきって描いていきましょう。

おわりに

水墨画で簡単に丸みのある感じの申を描いてみました。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130205200709 5110e7ddea1da
  • 20130205200830 5110e82eae4ca
  • 20130205221216 511105306d68f
  • 20130205221550 5111060601e69
  • 20130205222129 511107593b2cf
  • 20130205222253 511107adadc09
  • 20130205200709 5110e7ddea1da

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る