生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 贈る相手のことを考えて選ぶ!就職祝いギフトの選び方

贈る相手のことを考えて選ぶ!就職祝いギフトの選び方

2013年02月04日作成

 views

就職祝いは現金が一般的のようですが、社会へ出て行く、社会人の第一歩として記念になるようなものをプレゼントするのも素敵ですよね。

そこでこちらでは、就職祝いギフトの選び方をご紹介します。男性向けの就職祝い選びの参考にしていただければ幸いです。

目次

就職祝いで贈ったことのあるギフト例

キーケースです。

20代の男性(親戚)に贈りました。若い男性に合うハイブランド過ぎない、しかしオシャレ感のあるブランドのものを選びました。

この就職祝いギフトを選んだ基準

就職先で、名刺入れやビジネス小物を使用する機会が少ないと思われる職種でしたので、日常にも使ってもらえるキーケースならば喜んでもらえるのではないかと思いました。

気をつけたいマナー

贈る時期

就職祝いを贈る時期は、進路が決まり次第、卒業して就職するまでの3月中には贈りましょう。

進路が決まっていない場合、お祝いしたい気持ちがあれば、「卒業祝」をしても失礼にはならないそうです。

職種を考えて贈ろう

贈る相手の職種によっては、あまりスーツを着る機会がない、ビジネス小物は使わないなどと言う事もあるかと思います。

就職祝いだからビジネス関連のギフトというよりも、社会人になり大人として持っていたいもの、また持っていると便利なものという観点で選ぶと良いかと思います。

就職祝いギフトを選ぶ時に気をつけたいこと

「就職」といっても職種もさまざまです。

営業職なら身につけるもの、事務職なら文房具など、贈る相手によってプレゼントも違ってきます。職種に合ったプレゼントを贈ると、より喜ばれるでしょう。

おわりに

就職祝いとして贈るプレゼント選びはなかなか難しいですが、長い就職活動を終えた、「お疲れさま」と「おめでとう」の気持ちをこめて、気の利いたものを選びたいですね。

この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100915235531

本記事は、2013年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る