生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子供たちと楽しもう!節分のオススメの過ごし方

子供たちと楽しもう!節分のオススメの過ごし方

2013年02月04日作成

 views

はじめに

節分は、大人になってからは、それほど気にもしなくなってしまう行事ですよね。ですが、子供にとっては、怖い鬼を追い払うために豆まきをしたり、楽しみのたくさんある行事です。

著者も、独身の頃は節分は通り過ぎてしまうような行事でしたが、結婚して子供ができてからは、子供と一緒になって節分を楽しむようにしています。そんな著者の家庭での節分の過ごし方を紹介したいと思います。

子供たちと楽しむ節分の過ごし方

鬼のお面をみんなでかぶる

パパを鬼に見立てて、豆を投げつけたりする方も多いと思いますが、著者の家庭では、子供たちが保育園で鬼のお面を作ってくるので、家族全員がお面をかぶって鬼になってしまいます。

パパもママも、購入した豆についている鬼のお面をかぶったり、長女が手作りしてくれたお面をかぶったりして、一緒に楽しむのです。もちろん、1歳の娘にもお面をかぶってもらいます。

それから、一家で鬼に変身した姿を写真に撮っておきます。

毎年写真を撮っておくと、その年の子供の保育園の作品の思い出が残せて良いですよ。

恵方巻きを丸かじり

節分といえば、恵方巻きですよね。著者の家庭でも、毎年、その年の恵方を向いて、恵方巻きを丸かじりします。大人は標準サイズの恵方巻きを1本、子供たちには、鉄火巻きなど、丸かじりできるくらいの大きさのものを準備します。

1歳の娘には、小さなきゅうり巻きを手作りして、参加してもらいます。

丸かじりする間は、無言でなければならないのですが、家族みんなが無言になって、黙々と巻き寿司をかじる姿は滑稽で、ついつい吹き出してしまいます。

笑いをこらえながら食べる巻きずしは、とてもおいしいですし、家族みんなが楽しいと感じる幸せな瞬間です。

豆まき

恵方巻きを食べ終わったら、外に向かって、

鬼は外!

と元気に豆を撒いてもらいます。家の中には、豆が散らかると、1歳の娘が飲み込む危険があるため、玄関先だけで、

福は内!

と、上品に豆を撒いてもらいます。そんな様子を、毎年ビデオで撮影しておきます。

試写会

豆まきが終わったら、ビデオの試写会です。今年の豆まきのビデオを見たら、次に、昨年のビデオを見ます。1年前の同じ日の様子を見ることで、子供たちの成長を実感できますし、子供たちも、1年前の幼い自分を見て、爆笑して楽しんでくれます。

せっかく撮影したビデオが、撮りっぱなしにならないように、行事ごとに試写会をすると良いですよ。

おわりに

子供たちは、どんなことでも楽しんでしまう達人ですよね。そんな力に、大人は感心させられてしまいます。

節分のような行事は、子供の力を借りて、大人も心から楽しめる行事にしてしまいましょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130204122317 510f29a5450a5

本記事は、2013年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る