生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 娘から父親へ贈る!心のこもった手作りチョコレート

娘から父親へ贈る!心のこもった手作りチョコレート

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

バレンタインデーはチョコレートを渡す行事ですが、チョコレートにこだわる必要はありません。他のお菓子でも大丈夫です。なので、心をこめて贈りましょう。

父親と娘の関係は、娘の成長とともに変わっていくものですね。ですが、1年に1度くらいは素直になってみませんか?

母親と一緒に手作りするプレゼント

市販のクッキーと生クリームを買ってきます。生クリームを泡立て、クッキーに薄く塗り、クッキーをくっつけます。その作業を何度も行い、大きな切り株のようにします。

クッキーをつなげ終わったら周囲を余った生クリームで塗り、上からチョコの粉末や刻んだチョコをまぶし、完成です。

ブッシュドノエルのようなものです。もっと簡単なのは、市販のロールケーキに生クリームを塗る方法です。簡単でおいしいですよ。お好みで飾り付けをすれば、可愛らしいプレゼントになります。

トッピングのおススメは金平糖です。お星様みたいで可愛らしいですよ。色々な色を用意すれば、さらに可愛くなります。

使用したクッキーの枚数は30枚です。15枚ずつを2列に並べます。1人で食べるには大きいですが、我が家では親子3人で食べるのでちょうど良い大きさになります。

渡すタイミング

父親が会社に行っている間に作り、冷蔵庫にしまっておきます。そしてその日の夜は少し軽めの食事にし、食後に母親と娘の2人で冷蔵庫から取り出しプレゼントします。

父親がリビングでくつろいでいる時が良いでしょう。油断した時に渡すのがポイントです。ビックリするはずですよ。

かける言葉

「お父さん、いつもありがとう。大好きだよ。」と娘が父親に言います。母親もさりげなく、「いつもお疲れ様、ありがとう。」と感謝の言葉をかけましょう。

ラッピングのコツ

この場合、ラッピングは必要なく、盛り付けたお皿にデコペンでリボンを描いておくと良いでしょう。ラッピングのリボンみたいで可愛らしいですよ。

周囲にも何か小さなお菓子を飾ると、楽しいと思います。

コツ

不恰好になっても良いので、とにかくカラフルに飾り付けるのがポイントです。仕事で疲れたお父さんに、カラフルで可愛らしい、元気が出るようなプレゼントにしましょう。

渡すときは、父親がお風呂上りなどくつろいでいるときに渡しましょう。

おわりに

いくつになっても、良い親子関係でいたいものですね。大人になってもバレンタインデーで贈り物をする習慣を身につけておけば、きっと家族みんなが幸せになれるはずですよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130203142917 510df5adb8438

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る