生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. アクセサリーの便利なしまい方のコツ

アクセサリーの便利なしまい方のコツ

2010年10月27日作成

 views

はじめに

ネックレスや指輪などアクセサリーはついつい買ってしまい、溜まる一方だという人も少なくありません。皆さんは、どのようにしまっていますか?

タンスの引き出し奥深くにしまい込んでしまうと、いつの間にか忘れてしまったり、使いたい時にすぐに取り出せませんね。

そこで、すぐに取り出しやすく選びやすいしまい方のコツをお教えします。

アクセサリーの便利なしまい方のコツ

ネックレス編

よく部屋の壁などに画鋲を刺して、絡まないように、そこに引っ掛けて飾るようにするやり方もありますが、それだとホコリがついてしまったりします。

筆者の家のように猫を飼っているとネックレスにじゃれついて落としてしまったりすることもあります。

そこで、木製のタンスの扉の裏にロング画鋲を刺し、そこに一つずつ引っ掛けてぶら下げてみてはどうでしょう?

タンスの扉の裏ですから、洋服を着ながらそれに合うネックレスを選びやすいですし、何よりホコリがつくこともありません。

落ちにくいように画鋲ではなく、シール状になった粘着フックだと尚良いです。

指輪編

一つずつ箱に入っている場合も多いですが、どの箱にどの指輪が入っているのか忘れてしまうこともありますよね。そこで、一粒ずつ仕切りで分かれているチョコレートの空き容器を利用します。

大きさも手頃ですし、ひと目でどの指輪か見分けることが出来ます。ただし、高価な物はやはり買った時についているケースに入れてしまうことをお薦めします。

ブローチ・コサージュ編

これらは裏に安全ピンがついているので、お好きな布(少し厚めが良い)を用意し、そこに洋服につけるようにとめておくとごちゃごちゃにならず、すぐに選べて便利です。

布ごと、タンスの引き出しなど、ホコリにならない場所にしまいます。ただし、大きなコサージュなどはやはり形が崩れないよう、買った時のケースに入れてしまう方が良いかもしれません。 

おわりに

アクセサリーはなかなか捨てることが出来ず増え続けることが多いですね。取り出しやすく選びやすいしまい方を工夫して、便利に使いたいものです。

そして、使わなくなった物は人にあげたり、思い切って処分することも必要だと思います。

本記事は、2010年10月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る