生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 【下調べが基本!】お世話になっている人へ贈る!ギフトの選び方のコツ

【下調べが基本!】お世話になっている人へ贈る!ギフトの選び方のコツ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

普段からお世話になっている人へ、お礼に何か贈りたいと思ったことが皆さんもあるかと思います。

ここでは著者が贈ったときの選んだポイントについて、ご紹介したいと思います。

ぜひ、贈り物をするときのご参考にして下さい。

こだわりのポイント

相手が欲しがっている物

心のこもった物も、もちろん相手に喜ばれると思いますが、本当に自分が欲しいと思っていた物を贈られたときはかなり嬉しいものです。
普段の何気ない会話の中で聞き出しておくことで、相手の欲しい物をリサーチしておきましょう。

相手の欲しいものをリサーチしておきます。

高価すぎる物は選ばない

いくら相手が欲しがっているとはいえ、あまりにも高価なものは贈り物としては不向きでしょう。
何よりも相手に「こんな高価な物をもらったのだからお返ししなくては」と気を遣わせてしまいます。

どうしても見つからないときは

どうしても相手に合ったギフトが見つけられないときは、日持ちする食べ物がオススメだと思います。
賞味期限の長いお菓子等が適していると思います。

いろいろ種類が入っている詰め合わせ物にすれば、ご家族でも食べてもらえると思いますよ。

家族で使えるものをプラスする

相手の方と、そのご家族の方でも使えるものをプラスすると、さらに喜ばれるのではないかと思います。

そのためには家族構成を事前にさりげなく聞いておきましょう。
年齢によっても変わってくるので、だいたいどれくらいの年齢なのかを知っておいたほうが選びやすいと思います。

著者がプレゼントをあげたときの反応

贈った物

  • 相手の方  キティちゃんの形の小型加湿器
  • ご家族の方 キティちゃんのクッキー詰め合わせセット

その方は以前から寝室に置く加湿器が欲しいということを聞いていて、キティちゃんが好きということだったので、インターネットで購入しました。

贈ったときはすごく喜んで頂き、今では寝室で毎日使って頂いてるとのことです。
またクッキーも家族みんなで食べてくれたようです。

プレゼント選びの注意

お世話になったら、やはりそのお返しをするのは礼儀です。

また、高価すぎるものは選ばないと上記に書きましたが、相手の方から、高価な物を頂いたなどの場合は、こちらもそれなりの値段の物を選ぶべきなのではないかと思います。

しかし、それ以外の「仕事でお世話になっている」などで贈り物をする場合は、値段は高すぎない方が無難でしょう。

おわりに

相手のことを考えて、相手の喜ぶ物を贈りましょう。

ぜひ、ご参考にして下さい。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130202145430 510caa169b8f2

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る