生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 小さなとこからコツコツと!バス代を節約するテクニックする方法

小さなとこからコツコツと!バス代を節約するテクニックする方法

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

通勤や通学でバスをご利用しなければならない地区にお住まいの場合、少しでもバス代を節約したいですよね。でも、運賃を払わなければ乗ることはできません。

では、どうやって節約したらよいでしょう?

今回は、札幌市でご利用いただけるバス代節約方法ほご紹介しますが、お住まいの地区にもお得になる方法があるかもしれませんので、検討のご参考にしていただければと思います。

バス代節約のポイント

ここでは、通勤のための片道運賃200円という仮定でお話します。毎日、現金200円を支払うよりお得になります。

ポイント1:バス定期券

1ヵ月8,640円なので、往復が400円かかりますから1ヵ月に21日以上の勤務であればお得になります。

さらに3ヵ月定期で24,620円なので、1ヵ月に20日以上の勤務でお得になります。ただし、同じバス会社の同一区間でのみ利用可能となります。

ポイント2:共通ウィズユーカード

札幌市内を走っている市電、地下鉄、ジェイアールバス、じょうてつバス、中央バスなどで利用することができ、乗り継ぎもできます。

カードは現在4種類あり、1,000円購入で1,100円分利用可能、3,000円購入で3,300円分利用可能、5,000円購入で5,500円分利用可能、そして10,000円購入で11,500円分利用可能となります。

有効期限もありませんし、利用区間の制限もありません(一部を除く)10,000円購入した場合、往復400円で28日分利用できます。

ポイント3:歩いたり自転車を利用する

朝早起きをして、歩いたり自転車を利用して通勤すれば0円で済みます。運動不足解消にもなりますし、ダイエットにもいいですね!

ただし、歩きすぎで疲れて仕事にならなくなってしまっては元も子もありません。ご自身で無理のない範囲で、「1週間に1回だけ歩く!」などとルールを作ってみるのもいいかもしれませんね。

おわりに

お勤め先の勤務状態によって、通勤費を見直してみると節約することもできる場合があります。

いずれも小さな節約ですが、これが1年、5年、10年と続くと、どれだけ損をしたか後悔する前に再検討してみてくださいね。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130201165817 510b759952a29

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る