生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 集金時に活用!ATMを使ってつり銭を用意する方法

集金時に活用!ATMを使ってつり銭を用意する方法

2013年02月02日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

著者は月末に、仕事でお客さまのところへ集金にまわっています。1円単位の金額を集金することもあり、そこで面倒なのがつり銭の用意。そんなときは銀行のATMを使ってつり銭を用意しています。

金融機関

街中にATMがある金融機関ならだいたいどこでも可能です。著者は仕事のメインバンクにしている京都中央信用金庫をよく利用しています。京都では支店の数が豊富で、ATMを探すのに苦労しないので助かっています。

つり銭を用意する方法

集金する前に、先に入金する

通常なら、お客さまから「集金」してから銀行口座へ「入金」という流れですが、つり銭のない場合は、まず先に「入金」してから「集金」に向かう、という流れになります。

入金方法

ATMに1万円札を入れ、そこで「全額入金」ではなく「一部入金」を選びます。そこで「後にお客さまから集金する金額」を指定すると、お釣りが出てきます。そのお釣りを持ってお客様のところにいけば、仮に1万円札で払われたとしてもピッタリのお釣りが用意できています。

例:4890円の集金をする場合

STEP1:ATMにて

1万円をいれて、一部入金を選んで「4890円」を指定する。お釣りの5110円を受取る。

STEP2:集金先にて

1万円で支払われれば5110円を手渡し、5千円で支払われれば110円を手渡す。

メリット・デメリット

メリット

  • 前もってお釣りを用意する必要がないので、小銭を貯めておかなくても良い。
  • 先に入金してしまうので、入金のし忘れがない。
  • 集金額と同じ金額を先に入金するだけなので帳簿上もわかりやすい。

デメリット

  • 複数件の集金をするときはATMの作業が面倒
  • ピッタリの金額で支払われることが続くと小銭がいっぱいになる

おわりに

ATMを使ってお釣りを用意する方法、いかがでしたでしょうか? 著者の場合は、集金をするのが月末に限られているので、日常的につり銭をためておくよりも、このやり方の方が圧倒的に効率がいいです。

少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130202000253 510bd91d92b4d

本記事は、2013年02月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る