生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 交際期間1ヶ月で成功したサプライズプロポーズ

交際期間1ヶ月で成功したサプライズプロポーズ

2013年02月02日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

婚活サイトで現在の妻と出会い、交際1ヶ月で彼氏としてプロポーズを成功させた著者の体験談を紹介します。

プロポーズの準備

プロポーズのために用意したもの

  • 彼女が好きなチョッパーのキャンディ
  • 手紙

プロポーズにかかった費用

  • チョッパーキャンディ:580円
  • 手紙:310円
  • なばなの里入場券:4000円(二人分)

合計:4890円(ガソリン代・高速代は除く)

プロポーズまでの段取り

交際してから毎週末はデートをしていました。ただ、自宅から彼女の家まで約2時間かかるので、いつも車で家まで迎えに行き、どこかへ遊びに行くというデートでした。

交際からちょうど1ヶ月の記念日は、どこで何をするのかを一切告げずに「サプライズデート」と称してデートに誘いました。

サプライズプロポーズの内容

その1:チョッパーのキャンディをプレゼント

朝11時頃に彼女の自宅まで車で迎えに行きました。そこで彼女が大好きなワンピースのキャラクターであるチョッパーのキャンディをプレゼントしました。

その2:昼食は彼女が大好きなイタリアン

昼食を食べに13時頃、桑名にあるベビーフェイスプラネッツというお店へ行きました。このお店は雰囲気もよく、イタリアンが大好きな彼女はとても喜んでいました。

その3:イルミネーションを見に行く

なばなの里のイルミネーションを見に行きました。

そこは混雑時期は駐車場に入るまでに約1時間かかるので、まだ明るい夕方5時頃に渋滞へ並ぶとちょうど6時頃に園内へと入ることができました。そこで毎年変わる綺麗なイルミネーションを2人で見ながら、夕食をとりました。

三重県出身の著者はどうしても地元のデートスポットでプロポーズしたいという気持ちがあったので、なばなの里を選びました。

その4:手紙を渡す

入園から2時間後、寒くなってきたのもあり、駐車場の車へ戻りました。そこで予想通り、帰る車が出口付近で渋滞していたので、1時間ほど休憩しようと告げて、彼女に手紙をそっと渡しました。

この手紙には1ヶ月記念と題し、彼女への気持ちを素直に表現しました。手紙は真っ白な便せんで、デートに行った時の思い出や感想、そして「出会ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを書きました。

その5:プロポーズする

手紙を読み終えた彼女が顔をあげた瞬間にプロポーズをすることを事前に決めておいたので、嬉しそうな彼女の顔を見て

「結婚してください」

と伝えました。

相手の反応

少し間があって「はい、喜んで」と恥ずかしそうに返事をしてくれた彼女の姿は今でも記憶に残っています。

その後

プロポーズが成功した後、早速結婚式場を探しにいきました。著者が三重県民で彼女が岐阜県民ということもあり、なかなか場所が決まらなかったですが、彼女が結婚後は三重に来てくれるということで、結婚式は岐阜で行うことになりました。

5月頃、結婚式の日程が決まったらお互いの両親に報告し、8月には結婚指輪と婚約指輪を購入しました。11月に結納を交わし、年が変わった2月に無事入籍・挙式を行うことができました。お互い学校関係の仕事に就いていたことからすぐに結婚式を行うことはできませんでしたが、結婚式の準備は一切業者に頼まず自分たちで行ったので、納得のいく結婚式を挙げることができました。

おわりに

今の時代、インターネットサイトで出会ったことはよくあることだと思いますが、実際周りの反応はあまり良くありませんでした。しかし、結婚式に出席いただいた方たちには「インターネットの出会いでも、とても幸せそうでうらやましかったです」と祝福の言葉をいただきました。

それから記念日にはいつもサプライズを用意して幸せな結婚生活を送っています。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130130095419 51086f3bdff31

本記事は、2013年02月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る