\ フォローしてね /

バイクの基礎知識~ジャケット編~

バイクツーリングに良い秋の季節になりましたね。

初心者のライダーさんは、バイク選びに熱心になるあまり、バイクに乗る服装選びを見落としがちではないでしょうか。特に服装の中でもジャケットは安全性などにかかわる重要なアイテムです。

そこで今回は、安全、快適にバイクに乗る為のジャケット選びを紹介します。

ポイントその1:プロテクタの有無の確認

一見、同じように見えるジャケットでも、転倒した時に身体を衝撃、摩擦などから守るプロテクタ付いているか付いていないかによって、大きく安全性が変わります。

まずは、バイク専用ジャケットでプロテクターの付いているジャケットを何種類か選びましょう。その中でも肘、肩、脊髄などの身体の重要な部分を守ってくれるプロテクタが付いたジャケットを選びましょう。

ポイントその2:反射シール、反射素材の有無の確認

バイクは車に比べ小さく、特に夜間は車を運転するドライバーにとっては、バイクを見つけずらいことがあり、接触事故などの原因のひとつと言われています。自らからの存在をアピールすることはライダーの安全を確保する上で非常に重要です。

夜間、視認性を高めるために、反射シールのついたジャケットや、反射生地という生地自体が反射するジャケットを選びましょう。

ポイントその3:ベンチレーションの有無の確認

バイクは自動車と違いエアコンは付いていませんので、炎天下ではライダーは知らないうちに多量の汗をかいてしまいます。

身体のムレを軽減するために、スリットなどのベンチレーションが付いたジャケットを選びましょう。

おわりに

バイクは自動車では味わえない良さや利便性があり、これまで普及してきたと思います。

反面、バイクは安全性や快適性については自動車に比べ劣る部分があるため、今回紹介した方法に留意してジャケットを選んで頂ければ、安全、快適にバイクを楽しんで頂けるかも知れません。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。