生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 大切な友人へ送るバレンタインのチョコレート

大切な友人へ送るバレンタインのチョコレート

2013年11月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者は、バレンタインデーを利用して、日ごろお世話になっている同性の友人や先輩に、毎年チョコレートを送っています。お中元やお歳暮に比べて、気軽に贈れるところが、バレンタインデーのよいところです。

本記事でご紹介するのは、気軽に贈りあう「友チョコ」ではなく、お世話にった「大切な友人に贈るチョコレート」です。

一人あたりの予算は?

一人あたり3000円から4000円程の予算で贈ります。「友チョコ」(筆者の場合500円程)に比べると数段高くなりますが、その理由は、お世話になっている「大切な友人・先輩」に贈るものだからです。

お店を選ぶ基準は?

まずは、おいしいチョコレートを売っているお店が最大の選ぶポイントです。理由は、なにより、相手に喜んでいただきたいからです。

またできれば、近所で普段購入できないものを選びます。そのほうが、特別感があるからです。筆者がよく利用するのは、北海道内でのみ販売しているブランドです。

北海道に家族と住んでいたころに筆者自身が食べて「大変おいしい」と感じたものです。

旅行先で出会った専門店のチョコレートなどを購入することもあります。

商品を選ぶ基準は?

バレンタイン用に期間限定で販売されているものをよく選びます。その理由は、特別感があってよいこと、それからバレンタイン用の素敵なラッピングがされていることです。

筆者がよく購入するお店では、バレンタイン限定でワイン入りの生チョコレートが販売されます。

いつ、どうやって購入すればいいの?

チョコレートは、製造しているお店のホームページから注文します。バレンタイン用のチョコレートは、事前に予約ができること、お願いした日時に送付してもらえる場合が多いようです。

贈り先に「冷蔵指定」の宅急便で送ってもらいます。そのため、売り切れて買えなかったり、溶けてしまったりという心配がありません。

おわりに

いかがでしょうか?気軽に贈りあう「友チョコ」とは、また違う「大切な友人へ贈るチョコレート」で、日ごろの「ありがとう」の気持ちをつたえてみませんか?

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130201171602 510b79c29479b

本記事は、2013年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る