生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 物より心!喜んでもらえる義理チョコのコツ

物より心!喜んでもらえる義理チョコのコツ

2013年02月01日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

今年もバレンタインの季節がやってきました。いつもお世話になっているから、仲良くしているから、本命ではないけれどチョコを渡す相手が何人もいる場合…

正直、コストが気になりませんか?

友達・同僚に渡す義理チョコ。義理チョコの相場は400円~500円という調査結果もありますが、正直、500円×友人分、だとなかなか高額になってしまいますよね。

ここでは、低コストでも喜んでもらえる義理チョコのコツをお伝えします!

コストを抑えるポイント

まずコストを抑えるには、ポイントは2つです。

  • 市販の500円チョコを狙う
  • 手作りする

それぞれについて解説します。

市販の500円チョコを狙う

渡す人数が少なく、きちんとしたチョコを贈りたい人向けです。

持ち帰りやすいサイズの上、きちんとラッピングもされている500円チョコ。500円でなくとも、多くのブランド・メーカーは義理チョコを想定して1000円以下のチョコを用意しているので、それを狙います。

しかし、気を付けることがあります。それは義理チョコは500円のものから完売する。ということです。

おそらく、誰にでも覚えがあるとは思いますが、バレンタインが近づくにつれて、「渡しやすいサイズ・価格のチョコ」は早めに完売してしまいます。

お店側も、余分に在庫を抱えたくないので、完売してしまった商品はバレンタイン当日までそのまま…ということもあります。

500円チョコを考えているのなら、早めに人数分を用意しておきましょう。

バレンタイン前日・当日は完売必至!500円チョコはお早めに。

ちなみに…多くの店舗では15日からチョコの安売りが始まりますが、それは人にあげるのはやめましょう。もらった相手が「安売りかも?」と疑われててしまう可能性もあります。

15日のチョコは、自分用のご褒美チョコとして楽しみましょう。

手作りする

渡す人数が多く、気軽にチョコを渡したい人向けです。

トリュフやチョコレートクッキーにすれば、まとめて大量に製作できる上に、家にある板チョコやココア、バターなどを使用すれば、市販のチョコよりもコストを抑えることも可能です。

自分で材料を用意するのが面倒な人にも、バレンタイン用のお菓子の手作りキットも一箱1000円前後で売られています。しかも、型やラッピングも同梱されていることが多いので、周辺用品を新たに買わずに済みます。

パッケージの価格と、○人分、の表示を見比べて買えば、一人100円以下で義理チョコを用意できます!

喜んでもらえるための一番のポイント

市販でも、手作りでも、このポイントを抑えることで、相手にもっと喜んでもらうことができます。

手書きで、一言メッセージを付けることです。

小さなカードで構いません。「○○さんへ」と宛名を書き、メッセージは「いつもありがとう」でも「これからも仲良くしてね」でも構いません。

宛名を書くことで、その人の為だけに書いた事が伝わります。メッセージを書くことで、その人に感謝していることが伝わります。

エピソード

このことをうまく表したエピソードがあります。これは、「祇園の教訓」という本の中で、京都で有名な元芸子さんが実践したことです。

この芸子さんは、トヨタの会長からプレゼントを戴いたお礼として、小さいキスチョコに、小さく「ありがとう」と書いて渡したのだそうです。

芸子さんは高価なお返しではなく、たとえ小さなものでも、自分の気持ちを添えてお返ししたのです。会長は、その芸子さんの優しい思いに触れ、涙を流して喜んでくれたと書いてあります。

あなたのそばにいつもいてくれている人たち。仲の良い友達。日頃伝えられない感謝の気持ちを、チョコに乗せて届けてみてください。コストは、紙一枚とペンだけです。

おわりに

義理チョコは、アイデア次第でコストを徹底的に抑えられます。抑えた分、気持ちを上乗せすることで、相手に喜んでもらえます。

喜んでもらえる義理チョコのコツとは、メインアイテムとして「一言メッセージ」、サブアイテムが「チョコ」です。

メインがチョコでないため、コストを徹底的に抑えても相手に喜んでもらえることが可能なのです

コストを抑え、自分も相手もうれしいバレンタインを送りましょう!

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130201094949 510b112d9e23a

本記事は、2013年02月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る