\ フォローしてね /

簡単でかわいいクリスマスラッピングの方法

もうすぐクリスマス!クリスマスと言えばプレゼントですね。お店でラッピングしてもらうのもいいけど、今年は心をこめたオリジナルのラッピングをしてみませんか?簡単に出来る可愛いラッピングをご紹介します。

1 不織布を使う。

不織布とは、柔らかで布と紙の中間のような感触のものです。100均のラッピングコーナーにも、大抵カラフルな不織布が置いてあります。

柔らかなので折り目が余りつかず、慣れていない人でも扱いやすいので、今日は不織布を使ったラッピングをご紹介します。

2 包むものに合わせた大きさの紙を選ぶ。

巻きつけてテープで貼れる縦幅

ラッピングは紙の大きさ選びが重要です。包みたいものを紙の上に置いてみて、ぐるっと巻いてテープではりあわせることが出来る縦幅が必要になります。

包みたいものの一周の長さ+1センチ以上の縦幅を選びましょう。

左右に余った紙を上で合わせて縛れる横幅

今回は上できゅっと絞ったラッピングをしますので、横幅は縦幅の1.5倍以上が目安になります。

左右で余った紙を横でまとめて上で合わせ、そこをビニタイできゅっと絞りましょう。その際、紙のシワを横面だけに集めると仕上がりが綺麗になります。

ビニタイは、針金をビニールや紙でコーティングしたもので、よくパンなどの袋の口を縛るのに使われている物です。
ラッピングタイ キラキラメタリック 6色 約300本入

今回は箱のイメージでご紹介しましたが、不織布のいいところは形に合わせられる柔らかさ。ぬいぐるみなどの不定形のものも同じように包むことが出来ますよ。

3 飾り付け

ビニタイに飾りをつけるとよりクリスマス気分が盛り上がります。

リボン

直接リボンを巻いて縛るのももちろんOK。リボン結びは技術が必要なので、難しければ出来上がったリボンも売っています。クリスマスカラーを選びましょう。

造花

クリスマスといえばポインセチア。真っ赤な造花は雰囲気を盛り上げます。100均で造花を買ってきて、ビニタイにさすだけでも感じが出ますよ。

4 上級アレンジ

不織布を色違いで2枚重ねて使うとボリュームもオシャレ度もアップ!色合わせで個性も出せますよ。

おわりに

ラッピングと言ってもそう難しいものではありません。相手の喜ぶ顔を想像しつつ、楽しく包めるといいですね。素敵なクリスマスになりますように。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。