生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 生活を見直し勉強習慣を身につける方法

生活を見直し勉強習慣を身につける方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

勉強したいけど時間がない、勉強しようとは思ってはいるけどやる気が、とお嘆きのあなた。まずは日々の生活を見直してみてはいかがですか?

勉強習慣の作り方

STEP1:最初にやること

まず今現在の生活を分析してみましょう。そうするとあきらかに無駄な時間が出てきませんか?著者の場合

  • 学校から帰ってきてからの用途不明な2時間
  • 寝る前のなんとなくテレビをぼ~っと見ている1時間

のような無駄な時間がありました。

STEP2:勉強時間の投入

毎日1時間でいいので無駄な時間を削り空いたところに勉強する時間を入れます。そして無駄を減らしつつ、少しずつ勉強する時間を増やしていきましょう。著者は最初無駄な時間を削り、1時間30分くらい勉強の時間を確保しました。

STEP3:机周辺の整理

勉強をする机周辺に勉強に関係ないものはありませんか。あったら目につかないところに隔離してください。スマホや漫画などは、勉強に必要ないですよね?

そういった特にそういった手軽に楽しめてしまうものはたちが悪いです。何の気なしに手にとってしまう恐れがあります。

さてこれで勉強の環境は整いました。

スマホの電源を切ってしまいましょう。

嫌いな科目は後回し

自分の苦手な科目などは後回しにしないほうがいいという意見もありますが、嫌いな科目を先にやろうとすると勉強をすること自体のモチベーションが上がりません。

なので得意な科目もしくは好きな科目をやり、ちょっと調子が上がってきた時に苦手な科目をやりだせばいいのです。そして苦手な科目で心が折れたらまた得意の科目をやりましょう。

著者は歴史が苦手だったので、得意な数学の問題を何問か解いてから歴史に挑んでいました。

実際のところ

著者は方法を実践して、部活をやりつつ毎日3時間勉強していました。その結果三年間学年トップテンをキープしました。

おわりに

別に遊んじゃいけない、ぼ~っとしてちゃいけないと言っているわけではないのです。

遊ぶ時間もただぼ~っとする時間も大切ですが、何の目的もなしにただ何となく時間を浪費するのは違うということです。ぜひお試し下さい。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130130142207 5108adff0faa5

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る