生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 官公署発行の身分証明書を持っていこう!印鑑証明の登録方法

官公署発行の身分証明書を持っていこう!印鑑証明の登録方法

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

印鑑証明の登録は、家などを購入する時、必要になります。他にも、様々な場面で必要となるため、家庭をもった場合は必須だと思います。筆者が印鑑証明の登録をした際の体験を、書いていきたいと思います。

登録に必要なもの

  • 登録する印鑑
  • 本人確認証

本人確認証は、自動車免許証など、官公署発行の顔写真付きの身分証明書が望ましいです。その方が、すぐその場で印鑑登録証を発行してもらえます。

もしそれらが無い場合は、後日、郵送されてきた照会文書を持参し、また本人確認となるため、手間がかかります。

登録できる場所

市役所の窓口です。市民センターなどでは、登録は出来ません。

登録の手順

STEP1:申請

印鑑登録の申請書類に記入し、窓口に持っていきます。印鑑を押して、提出します。

STEP2:郵送

筆者は保険証しか持っていなかったため、照会文書を送付してもらう事になりました。

筆者は運転免許証は持っていないのですが、パスポートは持っていました。持っていかなかったことを、後悔しました。

STEP3:本人確認

郵送されてきた照会文書を手に、市役所の窓口へ再び行きました。そこで本人確認がされます。

STEP4:印鑑登録証発行

印鑑登録証が発行されます。

登録にかかった期間・費用

照会文書が届いたのは一週間後だったため、登録にかかった期間は合計で10日ほどになりました。費用は無料です。

印鑑証明の登録に関する注意点

登録できる印鑑には、条件があります。住民票に登録されている氏名以外のもの、ゴムなどでつくられているもの、などは登録する事が出来ません。例として、下記に、大阪市の印鑑登録についてのリンクを貼らせて頂きました。

おわりに

印鑑登録をする時、本人確認書類がとても重要になります。二度手間になってしまうためです。官公署発行の証明書をお持ちの方は、印鑑登録の際に持参されますことを、お薦めいたします。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130131114339 5109da5bce0e5

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る