生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 簡単だけど大切に扱おう!戸籍謄本の取り方

簡単だけど大切に扱おう!戸籍謄本の取り方

2013年01月31日作成

 views

戸籍謄本をとる機会は、意外と多いものです。筆者も最近、幾度も取得しました。

こちらでは、戸籍謄本の取得方法について、書いていきたいと思います。

目次

取得に必要なもの

本人の場合は、運転免許所など、本人確認書類が必要となります。本人、もしくはその配偶者、直系尊属または直系卑属以外の人が、取得する時は、委任状が必要となります。

必要事項を記入した申請書が必要となります。申請書は、市役所に置いてあります。

取得ができる場所

筆者が住んでいる市町村の場合は、市役所の窓口、市民センターの窓口で取得できます。

郵送でも可能ですが、その場合は申請書以外に、手数料(郵便局の定額小為替)、現住所の確認できる本人確認資料のコピー、返信用封筒(現住所を記入し切手を貼ったもの)を同封しなければなりません。

取得の手順

STEP1:記入

市役所の窓口で、申請書に記入します。

  • 申請者の欄:住所・氏名・対象者からみた続柄・使用目的
  • 対象者の欄:本籍の住所・筆頭者・氏名・生年月日

STEP2:提出

窓口に提出します。記入漏れがある場合は、指示されますので、それに従います。番号札を渡されて、待ちます。

STEP3:受け取り

番号で呼ばれます。受け取る時に申請書類の確認がされ、手数料を支払います。

取得にかかった期間

窓口が混んでいたので、20分程待ちました。

取得にかかった費用

費用は450円でした。

戸籍謄本取得に関する注意点

1.取得できる場所

戸籍謄本は本籍地以外で取得することは出来ません。そのため、筆者は転居してすぐ、本籍を移しました。

2.不正な取得

また、不正な手段で、戸籍謄本等を取得した場合、30万円以下の罰金に処せられるそうです。

おわりに

戸籍謄本取得は簡単ですが、とても大切な書類です。取得されたら、紛失される事のないよう大切に扱われますことを、お薦めいたします。

(photo by amanaimages)

著者:あや

この記事で使われている画像一覧

  • 20130130203132 51090494eabad thumbnail

本記事は、2013年01月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る