生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. スムーズに引っ越し準備をする方法 ~ 賃貸編

スムーズに引っ越し準備をする方法 ~ 賃貸編

2014年08月20日更新

 views

お気に入り

引っ越しの段取りまとめ

「引っ越しをするけど、何をすればいいの?」「料金とかどうなんだろう」「引っ越し見積もりは複数とったほうがいいの?」「単身だけど、安く済ます方法はないか?」など、引っ越しをはじめてやる時には、わからないことが多いと思います。

また、何度か経験していても引っ越しの手順には意外と戸惑ってしまうモノ。頻繁にやるものでもないので、数年たってしまうと当然忘れてしまいます。

そこで、引越しに関しての手順ややり方を紹介します。

引越しの費用・料金

引越しにかかるお金は主に引越し業者にかかるお金です。

当然ですが、お金を払えば払うほど楽になります。お金がかからないほうが手間がかかります。

安く済ませる一番の方法は、レンタカーなどを借りて友達とすることです。ただしお礼などでご飯をおごったりすることを考えるとそれなりに出費は出てきます。

軽トラックをチャーターする「赤帽」を使うのも手です。運転手の方に手伝ってもらえます。荷物が少ない時は便利です。

引越し業者に頼む時は必ず複数社見積もりをとりましょう。

など、Googleで検索するといくつかでてきます。

また、「単身パック」などの単身者用の引っ越しサービスが最近では充実しているので、一人の方はそれを活用するのがオススメです。

引っ越し先が決まってから

引っ越し先がきまったらいろいろと必要な書類や手続きが出てきます。ざっくりとまとめると以下の内容です。

契約に必要なもの

  • 現在の住民票
  • 印鑑(認め印で可)
  • 保証人の書類
  • 保証人の印鑑証明

住所変更に必要なもの

  • 転出届け

引っ越す日が決まったら

まず、現在の住居での契約の解除と新しい住居での契約がそれぞれ必要です。下記の4つはチェックしておきましょう。

  • 電気会社
  • ガス会社
  • 水道局
  • インターネット回線(必要あれば)

引っ越し業者の手配

遅くとも、1週間前には連絡するようにしましょう。時間を指定できないプランが比較的安く手配することができます。

段ボールの受け取り

引っ越し業者を手配したら、引っ越し日の数日前に段ボールを届けてくれます。自宅にいなくても、玄関前に置いておいてくれるので平日でも安心です。

荷造り

段ボールが届いたら、荷造りをしましょう。本や食器などの比較的重量のあるものは、小さい段ボールに。衣類など軽量のものは大きい段ボールに詰めましょう。

全部荷造りができたら、総点数を覚えておくとよいですよ。

段ボールに入れるべきでないもの

  • 各種貴重品
  • 引っ越し関係書類(すぐに出す必要がある場合があります)

荷造りしなくてもいいもの

  • 大きな家電類(冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機)は電源を抜くだけで大丈夫です。
  • ベッドは布団を専用のケースにいれれば、解体は業者側でやってくれます。

そのまま運べるもの

  • 机、椅子、棚など
  • ハンガーに掛かっている衣類(専用の衣装ケースで運んでくれます)
  • 液晶ディスプレイ、テレビ類(カバーをかけて運んでくれます)
  • 衣装ケース(ガムテープであかないようにすれば大丈夫です)

そのほか荷造りに関する注意点

引っ越し業者にお願いできないようなデリケートなものは手で運びきれるか注意してください。

引っ越し前日のチェック

以下の内容が忘れがちなのでチェックしましょう。

  • 確実に冷蔵庫の電源を抜いておくこと
  • 靴も段ボールにつめていること(意外と忘れがちです)
引っ越す距離が比較的近ければよいですが、遠いと忘れ物があったときに大変です。忘れ物がないかどうかは念入りにチェックするようにしましょう。

引っ越し当日(搬出)

意外と予定している時刻からズレるものです。ある程度余裕をもって荷造りをしましょう。一人暮らしの荷物の量であれば、業者の人は2名~3名くらいかと思います。

うろうろすると邪魔なので、ある程度任せ切っちゃった方がよいでしょう。

引っ越し当日(搬入)

さて、できれば業者の方よりも早めについてレイアウトをある程度考えておきましょう。一番重要なのは、ベッドの位置です。これは一人であとから動かすのは大変なのでちゃんと決めておくのがよいですね。冷蔵庫・洗濯機などはほぼ置く位置が決まっているのでまず問題ないでしょう。

さてすべての荷物の搬出が終わったら、最後はトラックに入って出し忘れがないかどうかのチェックになります。

ここで逃してしまうと後から返ってこない可能性もあります。

おわりに

引っ越し準備でするべきことを紹介しました。引っ越しの手順の整理などお役に立てれば幸いです。

(Photo byhttp://www.ashinari.com/2009/02/01-013209.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20091121120315

本記事は、2014年08月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る