生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 鉄道好きな子供はもちろん、大人も楽しめるリニア・鉄道館!

鉄道好きな子供はもちろん、大人も楽しめるリニア・鉄道館!

2016年03月04日更新

 views

お気に入り

鉄道は大人になってもカッコイイって思いませんか?自分の息子が興味を持ったら、さらに楽しいですよね!

ここでは、鉄道に興味がある息子のために選んだ行先であるリニア・鉄道館」について体験談を交えながらご紹介いたします。

リニア・鉄道館

料金

  • 一般:1,000円
  • 小中高生:500円
  • 幼児(3歳以上未就学児):200円
  • 運転シミュレーターは別途料金がかかります。

開館時間

  • 10:00~17:30(最終入館は17:00)
  • 休館日:火曜日、年末年始

アクセス

  • 電車・バス

あおなみ線

JR名古屋駅から「あおなみ線」に乗車、終点の「金城ふ頭(きんじょうふとう)」駅下車、徒歩2分

名港中央ICで降りましょう。

施設オープン後、初めて迎えるゴールデンウィークだったからか、名港中央ICの出口で大渋滞。30分ほど出られなかったので注意しておきましょう。

概要

歴代の新幹線など計39両の展示車両があります。展示車両に入ることもできます。鉄道模型や運転シミュレーターは大規模で、鉄道に興味がない方も楽しめるかと思います。

小さい子には、プラレールで遊べるスペースもあり、それをガラス越しにながめながら食事や休憩をするスペースもありました。

プラレールで遊ぶスペースは混み合う傾向にあります。譲り合いの精神を持ち、皆でマナーを守って遊びましょう!

宿泊先

ネットで予約をし、ヒルトン名古屋に宿泊しました。一泊二日、朝食付きで大人2名、子供1名で18,500円でした。

息子が、卵と小麦のアレルギーがあったのですが、朝食ではその対応もしてくださいました。また、二日目のお昼用に、と息子にお弁当を作ってくださいました。(有料)

当時、コンビニやファミレスなどでも、アレルギーのために食べられるものがほとんどなかった息子なのですが、レストランのシェフの方がこちらの細かい要望に対して、とても親切にしていただけたのでよかったです。

グルメ

名古屋といえばひつまぶし!名古屋のひつまぶしのしら河の栄ガスビル店で、ひつまぶしをテイクアウトし、ホテルで食べました。確か、3,000円弱ほどだったかと思いますが、めちゃめちゃ美味しかったです。

店内でも食べられるのですが、息子が小さく、落ち着いて食べられないと思い、あらかじめ電話をして用意をしていただいて、取りに行き、ホテルに持って帰りました。

リニア館のおすすめポイント

隙間がなくて安心!

鉄道の展示施設にいくつか行っていますが、展示車両に乗ることができるというのは嬉しいものです。ドクターイエローの展示もあり、私たち親が楽しんで乗車しました。

普段行く施設では、展示車両に小さい子どもが乗ろうとすると、足場に隙間がある場合、落ちそうでひやひやしたことが何度かありましたが、こちらの施設は足場をすべて隙間を覆ってあり、安心して遊ばせることができました。

2階からながめる景色がいい!

お弁当の持ち込みも可能なようですので、好きなものを持ち込んで楽しむこともできます。

2階にテーブルといすがあるスペースがあるので、早めに席を取って、ゆっくりと座りながら、2階からの景色を楽しみつつ、お弁当を食べても◎!

リニアへの期待

リニア館というだけあって、リニアの展示車両や、シミュレーターもありました。いつリニアが普及する日がくるのか、楽しみながら学べます。

子どもにはちんぷんかんぷんでしょうが、このような機械もあって、当時1歳半の息子も楽しそうにしていました。

子どもと一緒に楽しもう!

やはり、大人になっても実際にこういったところに行くと楽しいものです。お家に帰ったら一緒にプラレールのおもちゃで遊んで盛り上がりましょう!

おわりに

埼玉の鉄道博物館と比較されることも多いですが、埼玉までは少し遠いなあとあきらめていた、東海や関西の方には特におすすめです。

他には、名古屋市にある名古屋市科学館の中のジオラマも規模は小さいですが、おすすめです。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130129222153 5107ccf12d675
  • 20130130161611 5108c8bbf0970
  • 20130129220553 5107c9319cf94
  • 20130129220918 5107c9fe4f5fa
  • 20130129221201 5107caa16367e

本記事は、2016年03月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る