生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 愛犬との悲しい別れから立ち直る方法

愛犬との悲しい別れから立ち直る方法

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

愛犬とのお別れ。悲しい事ですがいつか必ずやってきます。

今回は、著者が実践した愛犬の死(ペットロス)の哀しみを和らげる方法を紹介します。

著者の愛犬

飼いだしたきっかけ

知り合いの方から犬が生まれたので、飼わないかと言われたのがきっかけでした。

犬は大好きでしたし、子犬を見せてもらった時のあまりの可愛さから飼うことを決断しました。

犬種

柴犬の雑種でしたが黒色交じりのとても可愛い犬でした。

亡くなった理由

飼いだして13年程して頭部に腫瘍ができて少し弱ってき、翌年には自力で歩く事も困難になりました。そして15才で静かに息をひきとりました。

病気も原因の一つでしょうが、老衰であると思っています。

哀しみを乗り越える方法

15年間一緒に生活し、家族同様でしたので本当に悲しかったです。

しかし、本当に可愛がって生活していた訳ですから、愛犬も著者の所に来て良かったと思っている、充実した人生だったと思っていると考えています。

こう考えるようになって立ち直りました。

ペットを亡くした方へ

本当に悲しいと思うのは、それだけ愛情を注いでいたという証です。その愛情を愛犬も必ずわかっています。

愛犬も天国で悲しんでばかりいるあなたを見たくないと思っている事でしょう。姿形はありませんが必ず、ずっと一緒です。

行った事

民間のペット火葬の業者にお願いして火葬してもらいました。お骨の一部は現在も大切に保管しています。

おわりに

ペットを飼う時には必ず死を覚悟して、安易な気持ちで飼わないようにしなければいけません。飼う前にしっかりと考えましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130129102521 510725015f702

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る