\ フォローしてね /

カシミヤのマフラーを優しく手洗いする方法

冬の間に活躍してくれたお気に入りのマフラー。直接お肌に触れるものだから、いつも清潔にしておきたいですね。そんなマフラーを、優しく手洗いする方法をお教えいたします。

まずはチェック!

マフラーの取り扱い絵表示をチェックして、素材、洗濯方法を確認しておきましょう。筆者のマフラーはカシミヤ100%でした。

洗剤ラベルの説明書もしっかり読んで、その洗剤でマフラーは洗えるか、確認しましょう。

用意するもの

  • 中性洗剤
  • 洗濯ネット
  • ゴム手袋
肌の弱い方は必ずゴム手袋をして、手肌を守ってください。

洗い方

STEP1:水を溜めて洗剤を入れる

水またはぬるま湯をはります。(筆者は洗面台で洗いました。)洗剤の説明書に従い、水の量に合わせた洗剤を入れます。

水温は30℃以下にします。温度が高いと縮みやすくなります。

STEP2:押し洗いする

もんだり、こすったりしないようにやさしく押し洗いをします。20回位洗うと、結構水が汚れてきます。

STEP3:水を切る

汚くなった水を流して、マフラーは軽く手で挟むようにして、水を切ります。

ねじったり、強く絞らないようにしましょう。

STEP4:洗い・すすぎを繰り返す

新しく水をはり、またやさしく10回位洗います。この後、洗い、すすぎを2,3回繰り返します。洗剤の泡や水の濁りがなくなったらOKです。

STEP5:選択ネットに入れて洗濯機で30秒ほど脱水する

洗濯ネットに入れて、洗濯機で30秒程脱水します。

STEP6:陰干しする

脱水が終わったらしわを伸ばして、干します。風がよく通るようにハンガーにかけて、陰干しをします。

おわりに

洗いたてのマフラーは清潔で、ふんわりいいにおいがして気持ちがいいものです。

難しくないので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。