生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 医療費控除の還付金の受け方

医療費控除の還付金の受け方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

こちらでは、医療費控除の還付金の受け方をご説明します。

医療費控除の還付金とは

家族全員の医療費が、1月1日から、その年の12月31日までに合計10万を越えれば年末調整とは別に、医療費控除を受ける事ができます。

その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額になります。

必要なもの

  • 源泉徴収票
  • インターネット環境
  • プリンター(電子証明書とICカードライタでも可)
  • 年度分の医療費の領収証
  • 認印
  • 通帳

医療費控除の還付金の受け方

国税庁の公式サイトから手続きができます。

ネット上ですべて手続きを行うには電子証明書とICカードライタが必要ですが、このサイトで作成した書類をプリントアウトして郵送しても可です。

源泉徴収票や医療費の領収証を見ながら、出てきた案内の画面どおりに書類を作成します。

国税庁の公式サイトはこちら

確定申告から還付金受け取りまでの期間

郵送の場合、1ヶ月ほどで税務署から還付の案内葉書が届き、1ヶ月半ほどで、指定の口座に振り込まれます。

医療費控除の還付金の手続きのポイント

1.生命保険の保険金を受け取った場合

手続きをする年度に入院をしていて、生命保険会社から保険金を受け取っている場合は、その入院費用に対しては控除を受けることが出来ませんが、入院に関する医療費以外で控除を受けることが出来ます。

2.市区町村から助成金を受け取っている場合

手続きをする年度に不妊治療を受けていて、市区町村から助成金を受け取っている場合は、不妊治療費から助成金を差し引いた残りの金額に対して控除を受けることが出来ます。

3.領収書の郵送について

確定申告をする際の医療費の領収証は量が大変に多いのですが、著者の場合は定形外郵便では料金がかさみます。レターパックを利用すると便利です。

おわりに

忙しい会社員でも、このように自宅でプリンターを使って医療費控除を受けることが出来ます。

奥さんが不妊治療を受けたり出産したりなどし、該当する方はがんばってみてください。
(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130130151455 5108ba5f31afb

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る