生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 節約できると楽しい!食費の節約法

節約できると楽しい!食費の節約法

2014年09月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

家計を節約する上で、もしかしたら食費が一番節約しやすいかもしれませんね。著者は8年前に主婦になってから食費の節約のアイディアを考えてきました。今日は食費を節約する買い物術について書きたいと思います。

買い物の頻度

1日は生協による個別宅配をしてもらい、お店に買い物に行くのは週1回だけです。

買うものと買わないものの見分け方(余計なものを買わないテクニック)

買い物メモを作っています。冷蔵庫の中のもので必要なものがなくなったら、メモに記入するなどして、そのメモを持って買い物に行きます。

メモ以外のものは買わないようにすることで、余計なものを買うことを防ぐ助けになっています。

買う店の選び方

野菜を買う時は八百屋で購入しています。スーパーよりも安価で買えるので、節約になります。

また、スーパーには火曜市など週に1回食材が安くなっている日に行くことにしています。卵が98円で買えたり、お弁当用の冷凍食品が128円で買えたりしてとてもお得です。

買い物から帰ってきた後の食材のしまい方

ブロッコリーなどの野菜は安い時に多めに買っています。そして、茹でて冷ましてからジップロック袋に入れて冷凍しておきます。

必要な時に少しずつ使っています。

いくらの食費で生活できているか(テクニックでどれくらい節約できているか)

節約前は夫婦二人の食費が35000円ぐらいかかっていました。しかし、上記のテクニックによって、現在は28000円ぐらいに抑えることができています。

特に食べたいものをがまんしたりせず、食べたいものを食べ、栄養も摂れていると思います。

その他、食費を節約する買い物術に関する注意点

おなかがすいている時は、食べたいものをどんどんカゴに入れてしまうことが多いので、なるべくおなかがすいているときの買い物は避けましょう

おわりに

いかがでしたか?著者は八百屋を利用したり、火曜市を利用したりすることによって、食費が月7000円ほど節約できていることがとてもうれしいです。ぜひ買い物術を試してみていただけたら、と思います。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130130102411 5108763b228af

本記事は、2014年09月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る