生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 普段気軽にできるガス代の節約方法

普段気軽にできるガス代の節約方法

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は毎日料理を作っているため、毎日ガスコンロを使っています。毎日使うものだからこそガスの節約を考えています。そこで著者が実際にしているガス代の節約方法をご紹介します

ガス代の節約方法4選

1:底を拭く

ガスコンロを使う前にまず、鍋底(フライパンの底など)を見ましょう。水滴がついていたら乾いた布巾で拭きましょう

水滴がついたままコンロにかけると水滴をなくすためにガス代が余分にかかってしまうからです。

2:火は鍋より小さく

火をつける時は鍋の真上から見て、鍋から火がはみ出ないようにしましょう

鍋より出ている火は使われていないのでガス代の無駄になってしまいます。
1,2は普段の気軽にできるガス代の節約方法です。簡単にできる方法なので無理をしないで続けれます。

3:ガスコンロの掃除

ガスコンロの中の掃除をしましょう。ガスの火の出る部分(写真を参照)が煤が詰まっている場合があるので火の出る部分が詰まっていないかチェックし詰まっていたら爪楊枝で掃除しましょう。3ヶ月に1回のペースで掃除をしています。

詰まっていたらガスをせっかく使っているのに火がその場所から一切出ません。

4:煮込み料理はシャトルシェフ

角煮やおでんなど煮込み料理にはシャトルシェフを使うことをお勧めします。煮込み料理を火にかけ沸騰させてシャトルシェフに入れたら保温の状態が続き、その分その分ガス代が節約できるからです。

シャトルシェフがない方は土鍋で活用できます。

煮込み料理を作る要領で土鍋に全て材料を入れて蓋をして沸騰したらガスから外し、4枚ほどの新聞紙、バスタオルの順番で包んで数時間待ったら煮込み料理に火が通りできあがりです。

ガス代を節約するときに注意すべきこと

自分以外の人がガス代を使う時は、1,2に挙げた節約法は諦めて下さい。

例えば今日は料理を変わりに作ってくれると言って、旦那がガスを使う場合、必ず火は強めで鍋より出ています。しかし、細かいことを言ったらガス代に立つのが嫌になってもう2度と料理を作ってくれなくなるからです。

ガス代節約は自分だけのルールにした方が家族にとっても負担になりません。

おわりに

上記の内容でいつも節約していますが、どの方法でも全く苦になったことがありません。簡単だし気軽にできるのがいい点です。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130129172120 51078680b3097
  • 20130129172350 5107871665c7c
  • 20130129173325 510789559a687
  • 20130129173546 510789e283d21

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る