\ フォローしてね /

ワインにぴったりなおつまみ「アヒージョ」を土鍋でつくるレシピ

このライフレシピのもくじたたむ

これからクリスマスや年末年始に向けて、ご家族や友人と、ちょっと自宅でワインを楽しんだりする機会も増えてくるのではないでしょうか。

そんなときにぴったりな、美味しい簡単おつまみ、「アヒージョ」を、土鍋を使って作る方法をご紹介します。

アヒージョは、スペイン語で「にんにく」の意味。本場のバルなどでも定番のタパスが、一人用土鍋で簡単に作れます。

材料

  • オリーブオイル 250ml
  • マッシュルーム 2パック
  • 鷹の爪 1本
  • にんにく 1かけ
  • 塩 小さじ2程度

作り方

下準備

鷹の爪の種をとっておきます。

にんにくのうすかわを剥き、包丁の背でつぶしておきます。

マッシュルームは洗わずに使います。根本の土などが気になる場合は、刷毛などで落とします。水分が残ると油に入れたときに危険です。どうしても洗いたいときは最低1時間以上ザルにあけて、完全に乾燥させて下さい。

STEP1

土鍋にオリーブオイルと鷹の爪・にんにくを入れ、火にかけます。

弱火でゆっくりと暖めます。

STEP2

油が温まってきたら、マッシュルームをいれます。

小さめのものならそのままで。大きめなら2つか4つに切っていれましょう。あつあつをようじでさしてそのまま口に運ぶことをイメージして大きさを決めると良いかもしれません。

STEP3

弱火で15分ほど煮ます。「揚げる」ではなう「煮る」のがアヒージョのポイント。

マッシュルームに火が通り、縮んできたら、塩で味を調えてできあがりです。

ポイント

土鍋のままテーブルに出しましょう。テーブルの上でも、まだオリーブオイルがぐつぐつと沸いているはず。あつあつをお召し上がりください。土鍋とスパニッシュ、このミスマッチが話題を呼ぶこと請け合いです。

マッシュルームのうまみがオイルにしみこんでいるので、バケットを浸して食べても、とっても美味しいですよ。

マッシュルームの他に、小エビ、鶏、イカなど、お好みの材料でチャレンジしてください。具材の水は、しっかり拭き取ってから入れてくださいね。

おわりに

ワインにぴったりなおつまみレシピ「アヒージョ」の作り方を紹介しました。今夜の酒の肴にいかがでしょうか。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。