生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 好きな女の人がいない男性へ…恋愛を始める5つの方法

好きな女の人がいない男性へ…恋愛を始める5つの方法

2013年01月30日作成

 views

お気に入り

「素敵な女性を好きになりたい…そして彼女にしたい!」どの男性もが思うことです。恋がしたいのに、なかなか好きな人もできない…。パターン別にして例にあげると、

  • 職場、学校などで出会いが無い
  • 昔好きだった人が忘れられない
  • 恋に対してのハードルが高い(好きなタイプや年齢などにこだわりがある等)

このように、人それぞれの理由があります。そんな悩める男性に対して、5つにまとめた恋のスターターキットをお届けしたいと思います。

まず気を付けること

スタート0:過去は捨てて、未来を意識する

恋はするものではなく落ちるもの、とはよく言った例えです。筆者もまさにその通りだと思います。でも無意識に落ちる穴を避けて通っていたとしたら…?これまでのことは忘れて、「これから出会う女性」のことを意識していきましょう。女性と出会う数だけ恋のチャンスは増えていきます。前述の「昔好きだった人が忘れられない…」というパターンの方は、思い切って過去の思い出の品、メールアドレス等は消去しましょう。

いきなり女性をナンパする、といった高いハードルは設けませんので、これから恋のチャンスについて書いていきたいと思います。

恋をするための5つのスタート

スタート1:彼女がいないことを公言する

いきなり何を、と思われるかもしれませんが、まずはあなたに彼女がいない、ということを公言しましょう。恥ずかしいかもしれません。しかし、あなたに思いを寄せている女性がいると仮定して、勇気がなくて話しかけられないケースもあります。身の回りの友人でもいいし、SNSでもいいと思います。「今は彼女がいなくて募集中の身である」ということを周りに知ってもらいましょう。合コンをセッティングしてくれる友人がいるかもしれません。気にかけてくれる女性がいるかもしれません。

スタート2:趣味をきっかけにする

人を好きになるきっかけは様々ですが、同じ趣味の人とは話が合いやすく、その人に好感を持つ好きになるきっかけとなりやすいものです。例えばあなたの趣味。読書、ゲーム、ドラマ、お酒。なんでも構いません。もっと趣味を突き詰めて、自分がそれを魅力的に語れるまでになりましょう。男女の比率はあれども、どんな趣味にもそれを好きな女性は存在します。趣味の会合があったら、新しい出会いを期待して顔を出してみましょう。出会いのきっかけは趣味から発展することが多いです。

スタート3:SNSを活用する

Facebook、Twitter、SNSを活用しましょう。今どき当たり前じゃないかと思われるかもしれません。ベーシックな所ですが、今は出会い系サイトにも象徴されるように、ネットでの出会いが一般的になっています。興味がある人がいたら積極的にフォローしてみる。ちょっとずつコメントしてみる。ふぁぼをつけてみる。そういったことで少しずつ距離を縮めてみましょう。

スタート4:恋をしやすい自分を作る

これも意外に思われるかもしれませんが、例えば好きなゲーム、音楽アーティスト、作家が何人もいるように、好きな人が何人いてもいいのです。もちろん付き合う時は一人の人を大事にしてあげましょう。「はじめに」で書いた恋に対してのハードルが高い男性は、「この娘はここが良いけどここがなぁ…」と感じていることがあります。少しだけハードルを下げて、良い所をもっと見てあげるようにしましょう。そして心の「好きな人」をたくさんストックして、恋をしやすい自分を作っていきましょう。

スタート5:2人で会う

実際そこまで興味がなかった女性でも(その方には失礼ですが)、2人きりで会うことによってお互い今まで知らなかった点、共通点がわかるかもしれません。いい所が見つかって好きになれる自分がいるかもしれません。意識して女性とデートする機会を増やしていきましょう。2人で会うことがまずは本当の恋のスタート地点です。

おわりに

恋のきっかけは本当に千差万別。筆者の友人ではネットで毎日「彼女欲しい」と言っていたら突然告白され、付き合った結果ネット上でプロポーズされたという驚くべき事例もありました。自分は「こんな人がタイプ!」と考えていても、実際好きになったら全然別のタイプ、という場合も多々あります。恋の引き出しをたくさん持って、皆さん、素敵な恋愛をしていきましょう!

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 36672b8e 015e 4965 9094 5fa435c2b9a2

本記事は、2013年01月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る