生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 筆者が選んだギターの弦の選び方

筆者が選んだギターの弦の選び方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ギターの弦は本当に様々なメーカーが発売しています。筆者はその中でダダリオの弦を愛用しています。今回は筆者が何故ダダリオを選んだのか、そして弦を選ぶ際のポイントをご紹介します。

ダダリオの弦の特徴

ダダリオは1セット500円前後で購入でき安価です。音色ははっきりした音で、どの音域にも変な癖がありません。チューニングも安定しており、どんなプレイにも向いているオールラウンドな弦と言えます。

同じ価格帯で人気のある弦でアーニーボールがありますが、こちらは張った際のテンションがダダリオに比べて弱く、弾いた際の指の感触が自分の好みと合いませんでした。

筆者なりのギターの弦を選ぶポイント

価格

やはり弦は消耗品です。古くなった弦は音色が悪くなります。エリクサーという錆びにくく寿命の長い弦もありますが、いくら寿命が長くても、もし切れてしまえば終わりですし、安価なものをセット買いするのが良いと考えています。

入手のしやすさ

筆者が使用しているダダリオは、ギターを扱っている楽器屋さんならほぼどこにでも置いています。

ライブ前に急に切れた時も安心です。

弦の太さ

これは人それぞれの好みですが、筆者はダダリオの(.009 .011 .016 .024 .032 .042)ゲージを使用しています。この太さがチョーキングもしやすく弾いた時の感触も一番馴染みました。

最後に

いかがだったでしょうか。ギターの弦は特に好みが出るものです。特にダダリオアーニーボールはどちらも定番中の定番なので、音色については様々な感想があります。

ギターを始めたばかりの方でもし弦を選ぶのに迷っている方がいたら、一度価格が安くて品質もしっかりしているダダリオアーニーボールで弾き比べをして、どちらが自分の好みか試してみるのが良いかもしれません。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130128181010 5106407247b31

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る