生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 家族で楽しむ!十五夜の過ごし方

家族で楽しむ!十五夜の過ごし方

2013年01月29日作成

 views

お気に入り

はじめに

満月のキレイな十五夜は、お月見団子やススキ、里芋の煮物をお供えして、月を見ながら過ごすのが一般的な過ごし方ですよね。

著者の家庭は、まだ小さな子供が3人いる賑やかな家庭なので、十五夜のような小さなイベントでも思い切り楽しむようにしています。

そんな著者の家庭での、十五夜の楽しみ方を紹介したいと思います。

家族で楽しむ!十五夜の過ごし方

お供え物の準備

著者の家庭では、十五夜にはお月見団子と里芋の煮物、それからススキをお供えします。そんなお供え物の準備も、子供たちにとっては、楽しみの1つなのです。

一番上のお姉ちゃんには、近所の和菓子屋さんにお月見団子を買いに、おつかいに行ってもらいます。真ん中のお兄ちゃんには、近くの空き地などでススキをとってきてもらいます。

ススキは手が切れて危ないので、必ず手袋などをして、引きちぎらずにはさみで切るように教えています。

晩ご飯

お供え物をお月様がよく見える場所に供えたら、家族で晩ご飯を食べます。お供え物用に作った里芋の余りをおかずの一品にするくらいで、特別なご馳走はしませんが、家族そろってワイワイ食べる夕食を楽しみます。

それから、食後のデザートが、お供え用と一緒に買ってきたお月見団子です。普通のお団子とヨモギ入りのお団子、2種類を楽しみます。

月夜のお散歩

晩ご飯を食べて、お月見団子を楽しんだら、せっかくなので家族で満月を楽しむ時間を作ります。お団子をついつい食べ過ぎてしまうので、運動も兼ねて月見をしようと、家族で近所をお散歩します。

子供たちが保育園で習ってきた「月」にちなんだ歌なんかを歌いながら、月夜のお散歩を楽しむと、とっても幸せな気分になりますよ。

少し体を動かして疲れるため、家に帰ると子供たちはぐっすり眠ってくれます。

おわりに

十五夜は、風情のあるとても素敵なイベントです。思い切り満喫して、子供たちが大人になっても覚えていてくれるような思い出に残る過ごし方をしましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130129115208 51073958c15a7

本記事は、2013年01月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る