生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 損をしないために国際郵便の各メリットを知っておこう

損をしないために国際郵便の各メリットを知っておこう

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

郵便局から海外へ荷物を送るとき、どれを使えばいいのか?

海外へ荷物を発送する際、郵便局のサービスを使う方が多いと思います。私も先日初めて国際郵便を出し、色んな方法があるようで少し混乱しました。

国際郵便には4つの輸送手段があります

  • EMS(国際スピード郵便)
  • 航空便
  • SAL(エコノミー航空)便
  • 船便

それぞれ、どう違うのか、どこがメリットなのか一見すると分かりません。

例えば、「東京からニューヨーク州に10キロの荷物を送りたい場合」は以下の料金表になります。

「EMS」のほうが「航空便」より安いのに早く着く状態です。意味分かりません。

こんなふうに、「値段が高い=着くのが早い」「早い=高い」わけではないので気をつけなければいけません。

そこで、経験上だいたいの目安をご紹介します。

EMS・・・届くまでの日数が1番早い&比較的安い

EMSは航空便よりも値段が安い場合もあります。地域や重さによって違うようですが一定の重さ(※)までならEMSが安い!

(※)送りたい国によって違いますが、だいたい10キロ〜15キロぐらいまでは、航空便よりEMSの方が安いです。

航空便・・・重いもの&早く届けたい時にオススメ

さっき書いたように、10キロか15キロぐらいまではEMSの方が安いです。ただし、それ以上の重さになると航空便の方が安い(し早い)国が多くあります。

SAL便・・・お届け日数は気にしない&費用を抑えたい時にオススメ

大体2週間程度で届く予定ですが、たまに1ヶ月近くかかる場合もあり。タイミングが良ければENSや航空便と変わらない日数で着いたりもします!このようにSAL便の到着日は運まかせな感じです。

SAL便の場合はこまめに追跡をお勧めします。先日SAL便で荷物を送って、早い日数で届いたようですが相手の国の郵便局に止まってたって事がありました。

船便・・・とにかく一番安く送りたい!という人向け

船便は、日数が2〜3ヶ月と、かなりかかっちゃいますが値段がダントツに1番安いです。留学するときなど現地(ホームステイ先や寮)の住所が事前に分かっている場合、荷物を早めに送っておくと送料がかなり節約できますよ。

ただし、船便で到着した荷物が水浸しになっていた、ネズミにかじられていた、という話もチラホラ聞きます。貴重なものは船便で送らない方がよいかもしれません!

さいごに

このように、だいたいの目安とメリットを知って、用途によって発送方法を変えてみると良いと思います。そうしないと荷物の中身よりも断然発送料金の方が、高くなったりしますので!

こちらで調べることができます。

但し、サイトでは正確に値段が出てこない地域があったり、紛失した時の補償額など色々あるので正確に知りたい方は郵便局に荷物を持っていって、直接相談された方が良いですよ。

参考サイト

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20091120190053

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る