生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 素敵な音色をプレゼント!一人暮らしでオススメのペット「スズムシ」

素敵な音色をプレゼント!一人暮らしでオススメのペット「スズムシ」

2013年01月29日作成

 views

一人暮らしをしていると、つい寂しさを埋めてくれるペットが欲しくなるもの。ですが、犬や猫などはだいたいマンションなどでは禁止されているので、飼うことができません。そんな人にオススメなのが「スズムシ」です。

目次

スズムシをオススメする理由

1:鳴き声に癒される

だいたい夏の終わりごろから鳴きはじめるのですが、その音を聴いているだけでも、季節を感じて癒されますし、自分の部屋がとても趣深い空間に変わります。

2:お金がかからない

一般的なペットですと、えさ代などが大変ですが、スズムシの場合は10~20匹程度なら、ナスかきゅうりを半分程度、2,3日に1回あげるぐらいで済みます。栄養補助的にあげるスズムシのエサも、2ヶ月ぐらい使えるお徳用のもので200円ぐらいです。筆者はよくスーパーでおつとめ品のナスを買ってきて、それをあげていました。

飼い方

最初に必要なもの

  • スズムシ(オス&メス) ※鳴くのはオスのみです。
  • 昆虫用の透明のプラスチックケース
  • スズムシマット(土)
  • 乾燥した木や板など(隠れ家になるもの)
1からそろえる方には「スズムシ飼育セット」みたいなものもあります。

飼育場所

ケースは直射日光を避け、なるべく涼しいところに置きます。5センチほどスズムシマットを敷きつめて、乾燥した木や板など隠れ家になるものを置いてあげましょう。

エサやり

エサはナスかきゅうりを1本の半分程度(量は虫の数や成長具合で加減してください)、2,3日に1回あげます。地面に置くとカビが生えたりするので、竹串などに刺して地面から離してあげてください。

この他にスズムシのエサを専用のお皿(エサに付いてます)に適量あげてください。

土を適度に湿らせる

エサをあげるときにふたを開けたついでに霧吹きなどで、土を湿らせておきます。水が直接スズムシにかからないように、ケースの壁を濡らすようにします。

注意点

夏場はエサが腐りやすいのでこまめに変えてあげましょう。逆にエサさえ腐らなければ、3,4日程度放ったらかしでも大丈夫です。1週間以上空けるようなときは誰かに預けるかエサやりに来てもらいましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

筆者は小学生の頃もスズムシを飼っていましたが、思ったより簡単に飼うことができました。虫嫌いの人には無理には言いませんが、そうでないなら、一度スズムシを飼ってみることをオススメします。

夏の終わりには、素敵な音色を奏でてくれるはずです。
(photo by photo library)

本記事は、2013年01月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る