生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. インドア派向け!おすすめのGWの過ごし方

インドア派向け!おすすめのGWの過ごし方

2014年04月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

長期休みは外に出て楽しまなければならない!なんてことはないですよね。

せっかくの長い休日、ひたすらゴロゴロしていたい人もいると思います。もしくは、ひたすら趣味にあてたい!という人もいますよね。著者は後者です。

GWに外出しなくても、家の中で有意義に過ごす秘訣を書いていこうと思います。

必要なもの

  • 食料(特に米)
  • 飲み物

最低限、食料と飲み物は確保しておきましょう。その他、調味料、シャンプーや歯磨き粉、洗濯用洗剤など、切れかけている場合は買い足しておきましょう。

食料・飲み物ともに、好きなものを用意すればいいと思いますが、著者のオススメは以下になります。

食料

  • レトルト食品(カレーなど、米にかけるものが望ましい)
  • 缶詰(ツナ缶、鮭フレークなど)
  • 冷凍食品
  • インスタントラーメン
  • 乾燥わかめ
  • 食パン
  • たまご
  • 牛乳
  • その他、必要に応じて肉や野菜

飲み物

  • ペットボトルのお茶(2リットル)数本
  • コーヒー・紅茶
  • 粉をお湯で溶かすタイプの飲み物
時間を有意義に目的に使うために、手軽に飲食できるもの、日持ちがよいものを選びましょう。

どんなことをして過ごしたか

朝:目覚ましを使用しない

目覚ましに煩わされることなく、さわやかに起きました。長期の休みはのんびりと眠っていたいため、起きる時間を気にせず睡眠時間を得られました。

昼:趣味に没頭

昼過ぎにはパソコンを付け、ブックマークしているサイトを思う存分見返し、本棚の漫画を一気読みしました。机の上に積まれていたものも掃除し、広々と使えるようにしました。

また、創作活動が趣味なのでたくさん絵を描きました。普段の休みでは没頭できる時間が少ないので、長期の休みにじっくりと没頭できました。

夜:贅沢にスキンケア

お風呂に泡風呂の入浴剤を入れて、2時間近く長風呂しました。それから普段は面倒でやらないパックもしました。

自分の美容のためにじっくりと時間を贅沢に使えることも、外出せずに家で好きなだけ時間を使えたからだと思います。また、眠る時間も特に気にせず、眠くなったら眠ろうと決めました。

とにかく時間に余裕があるので、ふだん出来ないことがたくさんできます。

この過ごし方を選んだ理由

筆者は、長期休みはのんびりと過ごしたいタイプです。それから、普段の土日では趣味に費やす時間が足りないと感じています。

ちょっとした買い物でも、いったん外に出ると2時間程度はかかってしまいます。それではせっかくの時間がもったいないですよね。

趣味に没頭したり、普段は時間が足りずにできない美容など、家にいるからこそできることを、万全の準備をして時間をかけてやりたいと思いました。

過ごすための費用・準備期間

準備期間はほとんど必要ありません。スーパーに買い物に行くだけです。

必要なのは、趣味に没頭する時間を得るために食料品や日用品の買い物の時間もできるだけなくすために買い足す必要のない状態です。

食料費ですが、一人で過ごすなら3,000円もあれば十分です。上記にあげたようにレトルト中心ですが、料理を楽しみたい人もまとめ買いをしてしまうほうが、買い物などの時間を省けて良いかもしれませんね。

過ごしてみての感想

途中で退屈するかと心配しましたが、筆者にとっては天国でした。三連休などでは決して味わえない自由の日々でした。

普段の休みではじっくりできない趣味の絵を描いたり、長風呂や美容に費やしたりすることで、有意義な長期連休になりました。

ゴールデンウィークの終わりの日が、名残惜しかったくらいです。

もっとこうすればよかったと思うこと

いくら好きに過ごせるからといって、寝すぎたのはよくなかったかもしれません。あまり寝すぎると頭がぼーっとして、頭が痛くなってしまい、そうなると、せっかく趣味に没頭したくても休日が台無しになってしまうこともあります。

いつ眠ってもいつ起きても自由ですが、その中でも規則をある程度決めて、どんなに眠りたくても、長くて10時間ほどで起きるべきだったと思いました。

おわりに

インドア派向けゴールデンウィークの過ごし方、いかがでしたか?

アクティブに過ごすゴールデンウィークも良いですが、趣味にひたすら没頭できる自由な時間を過ごすインドアな過ごし方も良いのではないでしょうか。

素敵なゴールデンウィークを過ごしましょう!

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20130127222432 51052a9098266

本記事は、2014年04月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る