生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. インパクト重視!知り合いの子どもへの誕生日プレゼントの選び方・渡し方

インパクト重視!知り合いの子どもへの誕生日プレゼントの選び方・渡し方

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

昨年末に友人の家を訪れる機会があり、ちょうど友人の子ども(3歳の男児)が誕生日を迎えるということだったので、ちょっとしたプレゼントを用意することにしました。今回ご紹介するのは、そのときの経験談です。

大きなうずまきキャンディ

カジュアルな雑貨やお菓子が売っているお店で、プレゼントを物色しました。候補はいくつかありましたが、以下の理由でこのうずまきキャンディに決めました。

1:インパクト

お店で並んでいる商品の中でもひと際異彩を放っていたのがこれでした。うずまきキャンディって「アニメなどではよく出てくるけど、実際食べたことがない」という人がほとんどだと思うので、友人の子どもにとっても貴重な体験になると思いました。

2:食べたらなくなる物

人からのもらい物は、気に入ったものじゃなくても、なかなか捨てにくいものです。おもちゃなどをあげても、好みじゃなかったら余計な荷物になるだけなので、なるべくなら、使うとなくなる物の方が気楽にプレゼントできます。

3:お手頃な値段

付き合いの長い友人とは言え、あまり高価なプレゼントをあげるわけにもいきません。気兼ねなく受け取ってもらえるように、値段も手頃なものにしました。

渡し方の演出

1:ラッピングは豪華に

プレゼントはラッピングを開けるときのドキドキ感が重要です。「いったい何が入ってるんだろう?」と考えてもらえるように、少々豪華なラッピングにしてもらうことにしました。

2:目の前で開けてもらう

やはりプレゼントはもらったらすぐに中身を確認したいもの。小さな子どもだったらなおさらです。その方が渡す方もプレゼントを見た瞬間のリアクションが楽しめますのでオススメです。

注意点

1:高価なものはNG

どんなに親しくても高価なものを贈るのはやめましょう。相手の親も気を使いますし、次回から子どもに変な期待をさせてしまうことにもなります。ささやかなもので喜んでもらえるようなものを探しましょう。

2:自分のこだわりを押しつけない

筆者の身近にやたらとアンパンマンのおもちゃなどくれる方がいるのですが、実はうちの子供はアンパンマンにあまり興味を示しません。なのでせっかくいただいてもあまり使う機会がなかったりします。

プレゼントに悩んだときは、その子の親に「今、興味のあること」をこっそり聞いてみるのもいいでしょう。

おわりに

冒頭のうずまきキャンディをあげた男の子は、包み紙を開けたらとてもいいリアクションでビックリしてくれました。そして「ねえ、これ食べてもいい?」とさっそく食いついてくれたので、とりあえずは一安心というところです。

他人の子どもにプレゼントをあげるのはなかなか難しいことですが、この記事が何かの参考になれば幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130128232120 5106896099ca5

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る