生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 自分の事ばかり話したがる人から会議の主導権を取り戻すコツ

自分の事ばかり話したがる人から会議の主導権を取り戻すコツ

2010年10月25日作成

 views

はじめに

会議でやたらと自分の事ばかりを話したり、主導権を握りたがる人っていますよね。

こういう人がいると、大事な会議が内容の薄いものになってしまうことが多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな自分の事ばかりを話したがる人から会議の主導権を取り戻すコツをお教えしたいと思います。

主導権を取り戻す方法

ステップ1

自分の事ばかりを話したがる人は、どんな状況でも話に入り込んでくる人が多い傾向にあります。

このタイプの人はとにかく「自分は意見を持っている」ということを主張したいのでしょう。

主張したがる場合には、話を止めようとしても止まらない事が多いので、まずは意見を言わせましょう。

ステップ2

ステップ1で主張させた内容は流さずに、ある程度の話の流れは把握しておきましょう。

その主張した内容は、会議の議題から脱線していることが多かったり要点を捕らえていないことが多いかと思います。

その点を指摘して、本来の話の流れに戻すことが可能になります。

自分の事ばかり話したがる人は、指摘された点に関して反論出来ない状況になるので、その後も主導権を握りやすくなります。

繰り返す

1度ステップ2を行えば、会議中に同じ状況が起こっても同じように対処するだけで容易に主導権をこちらに取り戻すことが出来ます。

さらに、同じ会議で繰り返す回数が多くなれば多くなるほど、自分の事ばかりを話したがる人は主導権を握りにくくなるでしょう。

おわりに

自分の事ばかりを話したがる人は、どんな話の流れの中でも入り込んでくる事が多いと思います。

このタイプの人たちは、常に入り込む状況をうかがっていると思います。

しかし、こちらが惑わされずに冷静に対応すれば、話の主導権を取り戻すことが可能でしょう。

ただし、無理にこちらも話を途切れさせたりすると、不必要な言い争いになりかねませんので、その辺も踏まえて実践してみて下さい。

本記事は、2010年10月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る