生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 一瞬で歌が上手くなる方法

一瞬で歌が上手くなる方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

友人との集まりや、飲み会の後などカラオケに行く機会はみなさんあるかと思います。そんな時に上手く歌えたら、ちょっと周りの見方も変わるかもしれません。気になる人がいたら、アピールできるポイントにもなります。

カラオケで歌うときに上手に歌えるポイントをご紹介します。

ポイントその1 背筋を伸ばして歌う

よく「お腹から声を出す」なんてことを言いますが、どうするんだ?と思っている人も少なくないはず。声を張ると自然に腹筋に力が入っているはずです。それで十分「お腹から」声がでています。

ですが、ここまではみなさん自然とできているかと思いますが、ここからが重要です。背筋はしっかりと伸ばします。お腹と実際に声が出る口を直線になるようにしましょう。そうすると楽に声が出せます。

ポイントその2 歌詞をはっきりと歌う

歌は話しているときと違って、音程やイントネーションなどが違います。なので、はっきりと歌詞が分かるようにしっかり口や舌を動かして歌いましょう。一曲歌うと相当疲れますが、はっきりと歌えている証拠です。

また、歌いだしや間が空いた後の歌いだしの最初の文字、をはっきりと歌うことで、相手に聞きやすく、また、ちょっとかっこいい歌い方にもなります。

くれぐれも過度に強調しないように注意してください。あくまでも歌詞が分かる程度にはっきり歌うのです。

ポイントその3 自分の世界に入る

歌っている時に、まわりの人の反応を気にしていては、気が散ってしまって上手く歌うのは難しいでしょう。
しっかり歌うことに集中しましょう。

また、採点機能を使うと同じように気が散ってしまうので、なるべく使わないようにしましょう。

おわりに

この方法は、決める!!と言うときに実践してください。みんなで盛り上がれる歌のときに自分の世界に入ってしまうと逆効果になりますのでご注意を。

また、男性から女性に歌うときには正にぴったりの歌い方ですので是非試してみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101023115341

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る